1.可聴性電波
 
テレパシー装置は、可聴性電波、具体的には、
パルス波形のマイクロ波を使います。
 
説明されています。
 
1962年、米国コーネル大学電磁気学アラン・フレイ教授が、
可聴性電波について初めて論文を発表しています。
この論文は下記の記事で紹介されています。
 
 
電波の一種であるマイクロ波が、人間に聞こえる原理は、
などの記事で解説しています。
 
「レーダーと人の健康」とは、
世界保健機構が1999年6月に作成した公文書です。
 
マイクロ波聴覚効果の生理機構は、
下記に紹介する2件の学術論文などを通じて、
解明されています。
 
 
マイクロ波聴覚効果と蝸牛」という記事も論文を紹介します。
 
 
 
 
2.テレパシー装置について
 
(1) 機密解除
 
米軍がテレパシー装置を機密解除したので、
テレパシー装置があると断言できます。
 
「テレパシー装置の機密解除」
 
 
(2) テレパシーの概要
 
人間の頭部に音声を送信するときには、
200メガヘルツから10ギガヘルツの電波を搬送波として、
パルス、及び、音声信号で変調します。
 
テレパシー通信の概要に記事のリンクとともにまとめられています。
 
「テレパシー装置の概説」という下記リンクもコンパクトにまとめられています。
 
 
「超能力 テレパシー」
 
 
「ネコでも分かるテレパシー」
 
 
「テレパシー装置のしくみ;理論と装置」
 
 
「テレパシー装置の開発の経緯」
 
 
「人工テレパシー」(ペンタゴンがテレパシー装置を開発した経緯)
 
 
3.テレパシー装置のしくみ
 
(1)テレパシー装置のしくみ
 
テレパシー装置のしくみがコンパクトに記載されています。
 
(2)音声送信のしくみ
 
テレパシー装置の送信機は、人間の頭部に直接、音声を送信できます。
 
下記の5件の記事で、可聴性電波を利用した音声送信装置のしくみ、
即ち、テレパシー装置の部品について、詳細に記載されています。
 
「レーダーのしくみ part 1」
 
 
「対人レーダーにマイクを接続して音声送信 part 2」
 
「対人レーダーの応用;マイクロ波で脳内に音声を発生させるしくみ:
ストックリン特許 part 3」
 
「マイクロ波で脳内に音を発生させる装置のしくみ
:ストックリン特許 part 4」
 
「マイクロ波で脳内に音を発生させる装置のしくみ:
ストックリン特許 part 5」
 
 
(3)音声送信のしくみ(米国空軍方式)
 
可聴性電波を利用した音声送信装置については
米国空軍が2件の米国特許を取得しており、
下記の記事でそのしくみが詳細に説明されています。
 
「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 0」
 
 
「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 1」
 
「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 2」
 
「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 3」
 
「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 4
 
 
(4)東芝のテレパシー装置
 
東芝の特許文献は、
 パルス波形のマイクロ波を頭部に送信する送信機、
 マイクロ波が頭部で反射した反射波を検出する受信機、及び、
 コンピュータが組み込まれたテレパシー装置の概要を示します。
 
米国特許3951134号のテレパシー装置は、
更に、フィードバック用送信機が搭載されています。
 
東芝の装置は、米国特許3951134号のテレパシー装置の
主要部について改良しているのです。
 
ストックリン米国特許、米国空軍特許は、
パルス波形のマイクロ波を発射する送信機のしくみに関しており、
受信機にまで触れているものではありません。
 
 
「テレパシー装置の主要部分の東芝特許」
 
「テレパシー装置の東芝特許part 1」
 
「テレパシー装置の東芝特許part 2」
 
 
「合成音声;東芝製テレパシー装置が発する音声」
 
 
「東芝製テレパシー装置の付属機器;マインドチューン」
 
 
東芝は防衛省に製品を納品しています!
 
テレパシー装置も納品しているのでしょうね。
 
 
(5)実際に配備されているテレパシー通信システム
 
「米軍のテレパシー通信システム」
 
米国海軍が発注したテレパシー装置、MEDUSAは下記の記事です。
 
(6)関連事項
 
「知っている人の声が聞こえる!国家犯罪のからくり」
 
 
4.思考解読など(後に追加予定)
 
脳波を改変して、マインド・コントロールする装置や
テレパシー装置に搭載されるコンピュータは、
下記の記事で解説しています。
 
 
心を読む装置に搭載するニューラル・ネットワーク・コンピュータについては、
下記の記事です。
 
 
テレパシー装置に搭載するコンピュータは下記の記事です。
 
 
脳波を改変するマインド・コントロール兵器に搭載する
脳波フィードバック用コンピュータは下記の記事。
 
 
 
5.防衛省がテレパシー装置を配備した事実
 
(1) 防衛省がテレパシーについて機密解除した文献を説明しています。
 
「テレパシーと防衛省」
 
(2) 防衛省が実際に配備している通信網について記載します。
 
「防衛統合デジタル通信網(IDDN);テレパシー疑惑」
 
 
「防衛省、自衛隊の通信網と電波兵器」
 
 
「防衛省の通信衛星」
 
 
テレパシー装置、国家犯罪を隠蔽する防衛秘密、統合失調症」
 
 
 
(3) 防衛省しかテレパシー装置を購入できないことは、
下記の記事にあります。
 
「兵器移転ルール;武器貿易条約;非殺傷性兵器」
 
「防衛省とテレパシー犯罪」
 
「電磁波犯罪の犯人」
 
 
「防衛省スパイ組織の国家犯罪」
 
 
6.自衛隊スパイ部隊がテレパシー装置を担当している事実
 
防衛省情報本部は陸上自衛隊幕僚監部調査部調査課、
中央情報隊、自衛隊情報科、情報保全隊などを管轄しており、
これらの部隊がテレパシー装置を使う実行犯である。
 
自衛隊元スパイの自伝によると、
陸上自衛隊小平学校がスパイ養成機関であり、
その卒業生の誰かが実行犯である。
 
自衛隊情報科の組織犯罪」で、自衛隊の関与が説明されている。
 
「自衛隊のスパイとNECのテレパシー装置」
 
「自衛隊の犯罪部門」
 
「自衛隊の犯罪部門と心理情報戦」
 
自衛隊の元スパイ、阿尾博政の自伝
「自衛隊秘密諜報機関 青桐の戦士と呼ばれて」
という書籍(証拠)を紹介している。
 
 
 
 
「電磁波犯罪の被疑者」
 
「電磁波犯罪の被疑者」
 
「自衛隊の秘密テロ活動」;電磁波を発射して、家電製品などを破壊する活動
 
「幻聴と自衛隊の関係」
 
7.被害者がマイクロ波を照射されている事実
 
「マイクロ波の計測と電磁波被害の解決」(友達限定記事)
 

元英諜報部員が語る電磁波マイクロ波兵器

陰謀論  脳侵略者 1

陰謀論  脳侵略者 2

陰謀論  脳侵略者 3

(組織犯罪・集団ストーカー・電磁波犯罪)組織ストーカー電磁波犯罪被害の会 公式Twitter

STOPEG
STOPEG Foundation
(STOP Electronic
weapons and
Gang stalking)

www.stopeg.com 

EUCACH
European Coalition
Against
Covert Harassment
(EUCACH)

www.eucach.org 

Initiative Gegen Elektromagnetische Folter
Initiative Gegen
Elektromagnetische
Folter
(IGEF)

www.e-waffen.de 

STOPZET
STOP Zorganizowanym
Elektronicznym
Torturom
(STOPZET)

stopzet.wordpress.com 

COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015