About tha USA (米国の歴史と概要)

http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-ushist13.html


テクノロジー犯罪に対する総務省の考え方
t14520807702.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 212.4 KB


 【非殺傷性兵器】
米国陸軍が2006年12月に情報公開した
 「一部の非殺傷性兵器の生体効果」
(1) 電磁波パルスを人体に向けて発射して、人体を加熱する電波兵器
(2) 電磁波パルスを頭部に向けて発射して、頭部に直接、音声を送信する電波兵器
(3) 電磁波パルスを頭部に向けて発射して、テンカンを起こす電波兵器
(4) 耳に聞こえない低周波音を頭部に発射して、めまいを起こす音響兵器
http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

 

アメリカ陸軍はここまで公表している。少し、理解しがたい言い方になりますが、

陸軍の上の組織がアメリカにあると推測します。上記1~4までの内容を今一度、読み直してください。私達が日常、受けている被害です。

ただ、1つだけ言わないことがあるどこから、攻撃しているのかだ!! 

人間は自分の頭の考えでしか物事を理解しない特徴がある。しかし、頭に直接、声を送る技術がある。この技術がどれだけの物か今一度考えて欲しい!

国家組織でなければこの技術は使えない!!

現段階で立証できない犯罪は法律が出来ても何も変わらない。

 

 

 

ペンタゴン、防衛省のテレパシー研究:国家犯罪

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa7330397.html

外務省 特定通常兵器使用禁止 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/arms/ccw/ccw.html

五感情報通信技術に関する調査研究会 報 告 書

http://oo7.syogyoumujou.com/143.html

*1999年1月-----ヨーロッパ議会が、全員出席の開廷にて次のような決議文を承認した。「あらゆる形態の、人間の操作を可能にする兵器の発展や配備の、全地球的禁止を導入する国際協定のために。我々は、この禁制を履行するには、知識を得た一般大衆による、世界規模の政府への圧力が不可欠だと確信している。主たる目的は、これらの兵器が人権や民主主義に対し真の脅威をもたらしていること、そして、これらの装置の政府や私機関および個人による使用を禁止するため、世界中の政府や議会に圧力をかけ、立法を確立させなければならないことを、一般大衆へ伝達することである。」

日本の電磁波悪用被害者の会の活動記録に付いては、被害者の会HP参照http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/index.html

*1990年-----ロシアで生態学的環境を考えるモスクワ委員会がウラジミル・ロパトキン氏を議長として設立。
*1994年8月15日-----生態学的環境を考えるモスクワ委員会がモスクワ司法局登録(登録番号3383)。
*1996年-----米CAHRA(現MIND-JUSTICE)が、チェリル・ウォルシュ氏を会長として設立。
*1998年1月-----フランス国家生命倫理委員会年次公開会議がパリで開催される。議長である、パリのパスツール研究所の神経科学者ジャン-ピエール・シャンジョ氏は、演説の中で「大脳映像法が、広大なプライバシー侵害の展望をもたらしている。必要な装置は、いまだきわめて特殊なものであるが、やがてありふれたものになり、遠隔利用も可能になるだろう。それらは、個人の自由の侵害、行動の制御、洗脳など、悪用への道を開く。これらは、SFで扱われる内容をはるかにしのぐものだ・・・そのうえ“社会に対する深刻な危険”をなしている。」と触れた。
*1998年1月26日-----日本で電磁波悪用被害者の会が石橋輝勝氏を会長として4名で発足。
*1999年1月-----ヨーロッパ議会が、全員出席の開廷にて次のような決議文を承認した。「あらゆる形態の、人間の操作を可能にする兵器の発展や配備の、全地球的禁止を導入する国際協定のために。我々は、この禁制を履行するには、知識を得た一般大衆による、世界規模の政府への圧力が不可欠だと確信している。主たる目的は、これらの兵器が人権や民主主義に対し真の脅威をもたらしていること、そして、これらの装置の政府や私機関および個人による使用を禁止するため、世界中の政府や議会に圧力をかけ、立法を確立させなければならないことを、一般大衆へ伝達することである。」
*2001年7月-----ロシアで電磁兵器を武器と認め、その流通を禁止する法律が、プーチン大統領の署名により成立。
*2001年10月-----米国下院議員デニス・J・クキニチ氏が議案提出するも、2002年議案改訂の際には関連部分を削除。
*2002年1月8日-----米CAHRA、1980年から1983年までの間、海兵隊非殺傷電磁気兵器プロジェクトを運営し、脳の電気的な活動とそれに影響を与える方法を研究していたエルドン・バード博士より推薦状を得るhttp://www.mindjustice.org/1-02-1.htmhttp://www.aa.alpha-net.ne.jp/skidmore/Letter_from_Dr_Eldon_A_Byrd.htm)。
*2002年-----ジェノヴァフォーラム設立。 構成員は国連武装解除問題研究所、赤十字国際委員会、人権監視委員会、CHARA、ブラッドフォード大学平和研究学科教授・講師等。
 

 

元英諜報部員が語る電磁波マイクロ波兵器

陰謀論  脳侵略者 1

陰謀論  脳侵略者 2

陰謀論  脳侵略者 3

(組織犯罪・集団ストーカー・電磁波犯罪)組織ストーカー電磁波犯罪被害の会 公式Twitter

STOPEG
STOPEG Foundation
(STOP Electronic
weapons and
Gang stalking)

www.stopeg.com 

EUCACH
European Coalition
Against
Covert Harassment
(EUCACH)

www.eucach.org 

Initiative Gegen Elektromagnetische Folter
Initiative Gegen
Elektromagnetische
Folter
(IGEF)

www.e-waffen.de 

STOPZET
STOP Zorganizowanym
Elektronicznym
Torturom
(STOPZET)

stopzet.wordpress.com 

COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015