インターナショナル・ニューヨークタイムズの記事です。
http://www.nytimes.com/2016/06/11/health/gang-stalking-targeted-individuals.html?_r=0
↓ここから
------------------------------------------
妄想症のアメリカ:ギャングストーカーが見える
2016年6月10日 文:マイク・マクファト

誰も彼を信じなかった。
家族は(医療的)助けを求めるよう彼に言った。
しかしティモシー・トレスパス(40代前半、レコーディング・エンジニア、失業中)は確かにつきまといがあり、しかも1人ではなく、数十人はいると確信していた。
工作員は一般人を装い、決まってマンハッタンの市街地周辺をコソコソと隠れてうろつき回るのを見るという。
時々、彼にぶつかってきて意味のわからない言葉を耳元でささやく。
“おい、どうなるか見てろよ、”
彼らはよくそう言うという。
最初、トレスパス氏はすべて自分の頭の中で起こっているのではないかと疑った。
そして彼はインターネットで同じ考えをもつ人々の大規模なコミュニティに遭遇する。
彼らは自分たちを“ターゲティド・インディヴィジュアル”、またはTIと呼び、細部に至るまで自分と同じ体験を書いていた。
その団体は(雑多な)陰謀の被害者だという信念を持つ会員によって組織されていた。
マインドコントロール兵器を使って、いわゆるギャングストーカーの集団が毎日何千ものアメリカ人に嫌がらせをするのだという。
ある集団ストーカーのサイトでは、目的は“被害者の人生のあらゆるものを壊すこと”だとしている。

●心にトラブルを抱えた人々の増加
メンタルヘルスの専門家は、これは心に問題を持った精神疾患のある人々のグループに太古の昔から根付いているストーリーだと言う。
ただし、今や被害者はインターネットで繋がり、組織を作り、彼らに何が起きているのかについての医療説明を否定して挑んでいる。
団体は控えめに見積もって1万人を上回る会員が在籍しており、9/11以降、インターネットによって成長し、政府が監視しているという懸念に本気で煽られて急速に会員数を増やしている。
多くの人々が妄想性障害、または統合失調症を患っているように見えると精神科医たちは言う。
しかし事実上、まだ現象は調査されていない。
何人かの専門家が綿密に観察したところ、これらの個人は精神病の歴史において病気増加の警鐘を鳴らすことを象徴しているという:数千人の病人が団結して、共有された妄想に基づき認知を要求している。
彼らは資金を集めて周知活動を行い、国際会議を開き、信念のために法廷や議会で闘う。
たぶん、彼らにもっとも大きな勝利がおとずれたのは去年だ。
カリフォルニア・リッチモンドに住む、自分たちは被害者だと思い込んでいる人々が市議会を説得してマインドコントロールに使用されているに違いないという宇宙空間の武器を禁止する決議案を可決させたのだ。
同様の陳情活動がタクソンで進行中だ。

●妄想症の“閉ざされた空間”
ギャングストーキングの共同研究を行った唯一の医師、ロレイン・シェリダン氏は、被害者団体は他のグループから距離を置いてやっかいな考えを推進し、拒食症や自殺などの危険を引き起こすと述べた。
これらの問題に対しては、インターネット上に医療情報と治療方法が溢れるほど載っている。
“ギャングストーキング”で検索しただけでも、これが事実であるというサイトが何ページにも渡って結果表示される。
“私がおそろしいと思うのは、彼らは妄想しているのだと反論してTIたちを説得しようとするサイトがないことです。”と、シェリダン氏は言う。
そして“結局、彼らは閉鎖的な思想を持つ閉鎖的な空間の中にいるんです。”と述べた。

インターネット上の教育サイトでは、活動経験が豊富な被害者たちが新規被害者にノウハウを伝授している:
・頭の中に聞こえる声に関わってはならない。
・身内におまえの思い過ごしだと言われたら、彼らもグルの可能性がある。
・精神科には行くな。
この種の人々は、全階級、全職種にまたがって存在し、弁護士、兵士、芸術家、エンジニアも含まれる。
フェイスブック上のフォーラムと参加型支援グループでは、(他の被害者の)愛する人に対する疑念に同情したり、建物の周辺を周る黒いワゴン車の被害体験を共有したり、周知活動の参加者を徴兵したりということがなされている。
彼らは“アメリカで拷問される”とか“人生は永遠に変わった”といったタイトルの電子書籍を多数自費出版している。
何百本ものユーチューブ動画では、何も知らない通りすがりの人との対峙でさえストーキングの証拠として実証しようと、彼らによる証拠・証言が提示されている。
“基本的に彼らは私を破壊したかったんです。そしてその通りにしました。”
動画の中でフェニックスの若い母親が涙をこらえながら語る。
娘の養育権を失い、問題行動医療病院へ送られたという彼女の名前はプライバシー保護のために控えられている。
“でも残りの人生のために反撃に出るつもりです。”
彼女はこう付け加える。
“それから聞いて下さい、私は狂っていません。”
シェリダン医師の研究では、報告された128件のギャングストーキングの検証が行われ、司法精神医学者のデヴィッド・ジェームス氏と一緒に報告書が書かれた。
この結果、すべての題材は妄想である可能性が高いということがわかった。
“被害妄想症を持つ人々という見地から見たTI現象についてひとつ考えなければならないのは、彼らはなぜ自分たちに起こっていることを説明するために、ギャングストーキングのアイデアを思い付いたかだ。”
とジェームズ医師は述べた。

●寄せ集めの陰謀論
意外でもないだろうが、被害者団体は陰謀を形成しているもの(が誰か)をめぐって意見が分かれている。
ある者は金融エリートが裏にいると信じている。
ほかには宇宙人、近所の人、フリーメイソンのしわざだと考えている者、またはいくつかの組み合わせで行われていると言う者もいる。
しかしながら、この活動のもっとも顕著な声は地球支配の準備のためだと言うのだ。マインドコントロールの実地テストの一部として監視が行われていると信じる傾向があるようだ。
軍事組織が、1950年代~60年代に実施したCIAによる意識をコントロールする悪名高いプログラム、MKウルトラの野望を決してあきらめていないという理論が横行しているのだ。
この見解の主要な提唱者はサン・アントニオ出身のジョン・ホールという麻酔科医だ。
2009年に出版された彼の著書、“新手法:アメリカにおける衛星テロ”の中でホール氏は自身がターゲットされたことについて述べている。
加害エージェントは彼の飲み水に漂白剤を混入した、そして殺害の脅威を感じさせる声を浴びせてくると書いている。
この本はある伝達者(医療資格を持つ会員)により大評判となった。
精神科医たちにニセ情報を与えられてターゲットにされたと感じている人々に紹介したのだ。
彼は、ある用務員/管理人は人間の精神についてよく知っていると書いている。
ホール氏(51歳)は数百万人はリスナーがいると言われているカリフォルニアをベースとした陰謀論志向のラジオ番組“コースト・トゥ・コーストAM”に招待された。
その後、彼は述べた:“おそらく3,000~4,000通のメールを受け取りました。”
“それはこの州で私に起きていることです。”
“それはフロリダ州で私に起きていることです。”
“それはカリフォルニア州で私に起きていることです。”
事件の類似性が、広範囲に渡る周知活動で伝えられたと彼は言う。
“もし、精神科医たちがこれを統合失調症だ、妄想性障害だというならそれで結構。”
“でも被害者1人1人がみな同じことを言っていますよ。”
ホール医師はギャングストーキング、精神医学、MKウルトラについて考察している。
一方、ホール氏はテキサス州の医事当局から、医師免許を保持するにあたり、精神的適性に問題がないか厳密な調査を受けるという事態に直面している。
だがゆっくりと時間をかけて、自分をギャングストーキングの被害者だと言う人々の多くは最終的には職を失ってしまう。
彼らは同僚たちからは嘲笑され、家族には仕方なく受け入れられているのだ。
友人や配偶者は去っていく。

●暴力のための口実
絶望の果てに、暴力で挑みかかる結果が引き起こされてきた。
例えば、被害者団体では多くの人々がアーロン・アレクシスは被害者だったと確信している。
彼は2013人にワシントン海軍造船所で12人を殺害した。
アレクシス氏は、元海軍兵で海軍が“超低周波”の電磁波で彼の脳を攻撃していたことを訴える文書を残している。
彼の散弾銃の側面には“俺の武器妖精”の言葉がくっきりと刻まれていた。
マイロン・メイの精神的苦痛がいつから始まったのかははっきりしなかった。
しかし2014年の秋からそれは過剰になった。
彼はニューメキシコ州での検事の職を辞めるとフロリダに旅立った。
そこで彼はいかにギャングストーキングに人生を台無しにされたかについて、証言ビデオを録画した。
“一目瞭然ですが、”と彼はカメラに向かって言う。
“私は全くの正気です。”
マイロン・メイ:“私はいわゆるTIです。”
彼は主張を展開し始めると、ガソリンスタンドでのあるエピソードを説明した。
黒いサングラスをかけた何者かが彼の動きをまねているのを確信したという。
“本当にゾッとしました。”彼は言う。
“私のやる事をすべて彼もやるのです”
動画の後半では、彼がこれから起こす罪を赦してもらえるよう祈っている。
“父さん、”彼が言う。
“今すぐ地球上にいるすべてのTIたちを軽蔑して欲しい。この狂気に立ち向かえるよう彼らを助けてやってくれ。”
2014年11月20日、メイ氏は自身が2005年に卒業したフロリダ州立大の図書館に足を踏み入れた。
そして3人を撃ち、うち1人は身体不随となった。
彼は殺されるためにあえて警官を挑発したんです。
そうすれば(生徒たちを)銃撃して致命傷を負わせる前に(彼が)警官たちの指示で撃たれたはずですから。と関係者は述べた。

彼は31歳だった。
精神病患者の多くは決して暴力に訴えない。
それでもやはり、研究では精神病エピソードを持つ少数が(暴力に訴えることを)示唆している ― 特に声の命令を伴う偏執的な考えを持つ者 ― は精神疾患のない人々よりも敵意を持った要求に基づいて(暴力に)訴える傾向がある。
被害者団体の会員の多くは、誰だってそうなるだろうと言う理由でアレクシス氏とメイ氏による銃撃の関与を断固として認めていない。
しかしまた何人かは、害を及ぼした者が誰かわかっていることについて厄介な見解を心に抱いている。 
彼らはどうすれば人はそんなにまで残酷になれるのか疑問を持っているのだ。
フロリダ州タラハシーのカレン・スチュワートは、大量の一般人がずっと国家安全保障局(NSA)に洗脳されていて、彼女が売国奴かテロリストだと思い込まされていると信じている。
どこに行こうが ― 教会、スーパー、病院 ― 彼らはそこにいて見張っているという。
彼女は途方に暮れてしまう。
しかし、さらに悪い事に“この国ではいかに多くの人々が反社会的な人間であるかということを目の当たりにし、私の怒りを掻き立てます。彼らはあきらかに集団思考を持つドローンですよ。”と彼女は言う。
“もはや彼らを人間だとすら思えません。”

●‘意味の必要性’
スーザン・クランシーは、自分たちは宇宙人にさらわれた経験があると信じている人々を研究する、ハーバードで研鑚を積んだ心理学者だ。
彼女は患者たちを説得して考えを変えさせるのは極めて難しいに違いないと述べた。
彼らは自分たちの妄想を説明できるという信念にしがみついているのだと言う。
“私はこれを意味の必要性であり、人生と、人が抱えている悩みを理解する必要があると思っています。”と述べた。
“意味のない取るに足らない人などいませんよ。CIAに尾行されているんですから。”(訳者注:被害者に対する皮肉?)
クランシー医師は言う。
ああいうのは、宗教的信念が持つ特徴を共有する行動パターンです。
自暴自棄になり人生を一変させてしまうでしょう。
トレスパス氏の母親、ポーラ・トレスパスは彼と議論することを避けてきたと言う。
“それをやっても彼を取り戻せなかったからです。”
“彼は本当に彼が感じたように感じたし、彼が経験したことを経験したんです。私はとうとうこう言えるところにまでこぎつけました:‘私はあなたがこんなにつらいことを経験しなければならないなんて本当に、本当に悲しい。私に何かできることがあったらいいのに。’”
被害者だと感じている人々は、社会が目を覚まして何が起こっているのかを知り、これを終わらせることに大きな期待を持っていると言う。
いくつかのケースでは、積極的に精神医療の助けを求めている。
他に、妄想が治まる人もいる。
残りの人々に関しては、予後はよくないと精神科医は言う。
多くは自殺企図があるのだ。
現在49歳のトレスパス氏は、ロープを用意することまで考えたと言う。
先月、ブルックリンのコーヒーショップに座り、ありがたいことにストーキングは静まったと彼は言う。
しかし、彼の加害者はモルジェロンズ病の種も彼の体に蒔き続けている。
痛みがあり、虫のようなものが皮膚に侵入するが多くの医師は心因性だと言う。

彼は痩せ衰え、疲れ切った表情で悲しげな眼をしている。
すべてが始まってから8年経つ、と彼は言う。
彼は職に就くことができない。
友達とは疎遠になった。
ネットコミュニティは極めて重要なサポートになっていると彼は言う。
“でも何が起きているのか、私たちは正確にはわからないんです。”
“ひょっとしたら私たちはまちがったことを信じているのかもしれない。わかりませんが。だからこそ私は最初から不可能と決めつけず、誰が、何を、なぜ、どうやってやっているのか知ろうとしているのです。”

でも彼はあるひとつのことを確信して言う:自分は狂っていない。

※マイク・マクファトをツイッターでフォローしてください。@mmcphate


United States of Paranoia: They See Gangs of Stalkers
By MIKE McPHATE JUNE 10, 2016

Nobody believed him. His family told him to get help. But Timothy Trespas, an out-of-work recording engineer in his early 40s, was sure he was being stalked, and not by just one person, but dozens of them.
He would see the operatives, he said, disguised as ordinary people, lurking around his Midtown Manhattan neighborhood.
Sometimes they bumped into him and whispered nonsense into his ear, he said.
“Now you see how it works,” they would say.
At first, Mr. Trespas wondered if it was all in his head.
Then he encountered a large community of like-minded people on the internet who call themselves “targeted individuals,” or T.I.s, who described going through precisely the same thing.
The group was organized around the conviction that its members are victims of a sprawling conspiracy to harass thousands of everyday Americans with mind-control weapons and armies of so-called gang stalkers.
The goal, as one gang-stalking website put it, is “to destroy every aspect of a targeted individual’s life.”

●A growing tribe of troubled minds
Mental health professionals say the narrative has taken hold among a group of people experiencing psychotic symptoms that have troubled the human mind since time immemorial.
Except now victims are connecting on the internet, organizing and defying medical explanations for what’s happening to them.
The community, conservatively estimated to exceed 10,000 members, has proliferated since 9/11, cradled by the internet and fed by genuine concerns over government surveillance.
A large number appear to have delusional disorder or schizophrenia, psychiatrists say.
Yet, the phenomenon remains virtually unresearched.
For the few specialists who have looked closely, these individuals represent an alarming development in the history of mental illness: thousands of sick people, banded together and demanding recognition on the basis of shared paranoias.
They raise money, hold awareness campaigns, host international conferences and fight for their causes in courts and legislatures.
Perhaps their biggest victory came last year, when believers in Richmond, Calif., persuaded the City Council to pass a resolution banning space-based weapons that they believe could be used for mind control.
A similar lobbying effort is underway in Tucson.

●An ‘echo chamber’ of paranoia
Dr. Lorraine Sheridan, who is co-author of perhaps the only study of gang-stalking, said the community poses a danger that sets it apart from other groups promoting troubling ideas, such as anorexia or suicide.
On those topics, the internet abounds with medical information and treatment options.
An internet search for “gang-stalking,” however, turns up page after page of results that regard it as fact.
“What’s scary for me is that there are no counter sites that try and convince targeted individuals that they are delusional,”
Dr. Sheridan said.
“They end up in a closed ideology echo chamber,” she said.
In instructional tracts online, veterans of the movement explain the ropes to rookies:
• Do not engage with the voices in your head.
• If your relatives tell you you’re imagining things, they could be in on it.
• “Do not visit a psychiatrist.”
The tribe cuts across all classes and professions, and includes lawyers, soldiers, artists and engineers.
In Facebook forums and call-in support groups, they commiserate over the skepticism of their loved ones and share stories of black vans that circle the block or co-workers conscripted into the campaign.
They have self-published dozens of e-books, with titles like “Tortured in America” and “My Life Changed Forever.”
In hundreds of YouTube videos they offer testimonials and try to document evidence of their stalking, even confronting unsuspecting strangers.
“They wanted to basically destroy me, and they did,” a young mother in Phoenix says in one video, choking back tears.
She lost custody of her daughter and was sent to a behavioral health hospital, says the woman, whose name is being withheld to protect her privacy.
“But I am going to fight back for the rest of my life.”
She adds, “And guess what, I’m not crazy.”
Dr. Sheridan’s study, written with Dr. David James, a forensic psychiatrist, examined 128 cases of reported gang-stalking.
It found all the subjects were most likely delusional.
“One has to think of the T.I. phenomenon in terms of people with paranoid symptoms who have hit upon the gang-stalking idea as an explanation of what is happening to them,” Dr. James said.

●A mishmash of conspiracy theories
Perhaps unsurprisingly, the community is divided over the contours of the conspiracy.
Some believe the financial elite is behind it.
Others blame aliens, their neighbors, Freemasons or some combination.
The movement’s most prominent voices, however, tend to believe the surveillance is part of a mind-control field test done in preparation for global domination.
The military establishment, the theory goes, never gave up on the ambitions of MK Ultra, the C.I.A.’s infamous program to control the mind in the 1950s and ’60s.
A leading proponent of that view is an anesthesiologist from San Antonio named John Hall.
In his 2009 book, “A New Breed: Satellite Terrorism in America,” Mr. Hall gave his own account of being targeted.
Agents bleached his water, he wrote, and bombarded him with voices making murderous threats.
The book made a splash because of the messenger: a licensed member of the medical establishment who was telling those who feel targeted that psychiatrists were misleading them.
A janitor knows as much about the human mind, he wrote.
Mr. Hall, 51, was invited for an interview on “Coast to Coast AM,” a conspiracy-minded radio show based in California that is said to reach millions of listeners.
After that, he said, “I had probably three or 4,000 emails from people saying:
‘It’s happening to me in this state.’
‘It’s happening to me in Florida.’
‘It’s happening to me in California.’ ”
The similarities of the cases spoke to a wide-ranging campaign, he said.
“If the psychiatrists want to say that this is schizophrenia or delusional disorder, that’s fine,” he said.
“But every one of these victims have the same story.”
Dr. Hall discusses gang stalking, psychiatry and MK Ultra.
While Mr. Hall has faced scrutiny from the Texas Medical Board over his mental fitness, he retains his license.
Over time, however, many others who identify as gang-stalking victims end up out of work.
They are mocked by colleagues, tolerated by family.
Friends and spouses fall away.

●A pretext for violence
The despair that results has led some to lash out in violence.
Many in the community, for example, are convinced that Aaron Alexis, who killed 12 people at the Washington Navy Yard in 2013, was a victim.
Mr. Alexis, a former sailor, left behind a document accusing the Navy of attacking his brain with “extremely low frequency” electromagnetic waves.
On the side of his shotgun were etched the words “my elf weapon.”
It was unclear when Myron May’s mental distress began, but by the fall of 2014, it had become too much.
He quit his job as a prosecutor in New Mexico and traveled to Florida.
There, he videotaped a testimonial about how gang-stalking had ruined his life.
“As you can see right now,” he says into the camera, “I am totally not crazy.”
Myron May: "I'm what's called a targeted individual."
Laying out his case, he describes an episode at a gas station where he believed somebody in dark glasses was mimicking his movements.
“It was really creepy,” he said. “Everything I did, he did.”
Later in the video, he prays for forgiveness for his future sins.
“Father,” he says, “right now I ask that you look down on all the targeted individuals across the globe.
Help them to cope with this madness.”
On Nov. 20, 2014, Mr. May walked into a library at Florida State University, where he had graduated in 2005, and shot three people, leaving one paralyzed.
He dared the police to kill him, then fired in their direction before being fatally shot, officials said.
He was 31.
The vast majority of people with psychosis never resort to violence.
Still, studies suggest that a small number of those experiencing psychotic episodes — especially paranoid thoughts, accompanied by voices making commands — are more likely to act on hostile urges than people without a mental illness.
Many in the T.I. community, as anyone would, have repudiated the shootings by Mr. Alexis and Mr. May.
But some also harbor troubling views about their perceived oppressors.
They question how people could be so cruel.
Karen Stewart of Tallahassee, Fla., believes large numbers of regular people have been brainwashed by the National Security Agency into thinking that she is a traitor or terrorist.
Wherever she goes, she says — to church, to the grocery store, to the doctor’s office — they are there, watching.
It baffles her, she said. But worse, “It makes me angry to see how many people in this country are sociopaths.
They are absolute groupthink drones,” she said.
“I don’t even consider them human anymore.”

●‘A need for meaning’
Susan Clancy, a Harvard-trained psychologist who has researched people who believe they’ve been abducted by aliens, said it could be extremely difficult to dissuade patients who have latched onto beliefs that they think explain their delusions.
“I think it’s a need for meaning and a need to understand your life and the problems you’re having,” she said.
“You’re not some meaningless nobody. You’re being followed by the C.I.A.”
In that way, Dr. Clancy said, the behavior shares a trait with religious belief: To abandon it would be life upending.
Paula Trespas, Mr. Trespas’s mother, said she avoided debating with him.
“It wasn’t something that he was making up,” she said.
“He really felt the way he felt and experienced what he experienced.
I got to the point where I was just finally saying to him: ‘I’m very, very sad that you have to go through this. I wish that there was something that I could do.’ ”
The big hope is that society will wake up to what’s happening and put a stop to it, those who feel targeted say.
In some cases, they do seek psychiatric help.
In others, the delusions subside.
For the rest, the prognosis isn’t good, psychiatrists say.
Many contemplate suicide.
Mr. Trespas, now 49, says he went so far as to prepare a rope.
Sitting at a coffee shop in Brooklyn last month, he says the stalking has thankfully quieted down.
But he says his harassers have also been seeding his body with Morgellons, a painful, insectlike infestation of the skin that many doctors say is psychosomatic.
He is gaunt, with weary, sad eyes.
It’s been eight years since it all began, he says.
He can’t hold a job.
His friends have drifted away.
The online community has been a crucial support, he says.
“But we don’t know exactly what’s happening,” he says.
“Maybe we’re believing the wrong thing. I don’t know.
That’s why I try to keep my mind open about who and what and why and how.”
One thing he is certain of though, he says: He’s not crazy.

Follow Mike McPhate on Twitter @mmcphate.

   patentcom さんから引用しました。

 

米国陸軍の機密解除

 

電波を凶器とする電波兵器は、米国陸軍は2006年12月に、「一部の非殺傷性兵器の生体効果」という報告書で公表しています。

冷戦時代の機密文書を情報公開しており、下記サイトで閲覧できます。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf


この報告書には、

 電磁波パルスを人体に向けて発射して、人体を加熱する電波兵器(4~8ページ)

 

 電磁波パルスを頭部に向けて発射して、頭部に直接、音声を送信する電波兵器(8~10ページ)、

 

 電磁波パルスを頭部に向けて発射して、てんかんを発生させる電波兵器(10~14ページ)、

 

 20ヘルツ以下の耳に聞こえない音を大音量で頭部に発射して、めまい及び吐き気を起こす音響兵器(14~17ページ)

 

が開示されています。

これらの電波兵器は基本的にはレーダーであり、
レーダー用送信機から指向性電磁波パルスを人体に発射しています。
 
レーダーの位置を計測する機能を利用して、
人体、特に人の頭部の位置を計測し、
頭部に向けて電磁波パルスを発射させて、命中させています。


音声信号を頭部に送信する原理


通常、電波は人間が直接、聞くことができない、とされている
 
しかし、高出力レーダーのパルスは人間が直接、聞くことができ、
 
この現象はマイクロ波聴覚効果という。
 
 
マイクロ波聴覚効果は、
 
1962年にコーネル大学アラン・フレイ教授が実験結果を
 
学術論文に掲載した後[1]、
 
複数の研究グループがこの実験を再現している[2]。
 
 
現在では、1999年6月に世界保健機構が作成した
 
「レーダーと人の健康」という文書でも、
 

マイクロ波聴覚効果は明記されている[3]。


マイクロ波聴覚効果は確立した
生理機構として認められている。



米国陸軍ウォルター・リード研究所の実験心理学者ジョセフ・シャープ博士が、マイクロ波聴覚効果を応用して、人間の頭の中に声を送り込む電子機器を開発した[4]。

この電子機器は、テレパシー装置の一種であるとともに、同時に、レーダーを応用した電波兵器でもある。

レーダー技術を使って、ターゲットの頭部の位置を把握、追跡して、頭部に指向性マイクロ波を発射することにより、マイクロ波聴覚効果により、音声を認識させる。

米軍はテレパシー通信装置を開発したことを既に機密解除している[5]。離れた場所から脳波を計測し、脳波から人間の思考をコンピュータを使って解読し、かつ、コンピュータを使って思考を伝達する[5]。
 


防衛省の関与

防衛省技術研究本部は、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、又は、防衛省情報本部が使う装備を開発している。

技術研究本部 先進技術推進センター(東京都世田谷区池尻)は、情報本部の装備の一環として、驚くことに、テレパシー装置を開発している[6]。

人間の脳の構造、生理機構は、日本人も米国人も同じなので、脳波、脳活動を利用する通信システムの規格も米軍のテレパシー通信装置と同様と考えられる。

平成23年度、日本電気は301件の売買契約を締結しており、
契約金額の合計は、1151億円になる。この売買契約は通信システム、通信装置に関する。

お知らせ、3ページ、「平成23年度上位20社の契約実績」より

 


NECが防衛省に販売した通信装置には、脳波から思考及び感情を解読するコンピュータが組み込まれている。 

ちなみに、NECは脳波から思考を解読するコンピュータを改良して、脳波から感情を解読するコンピュータを開発している(特開平8-131413号、日本特許2560651号)。

 

防衛省 装備施設本部の「お知らせ」という標題の下記の文書、5ページには、平成24年度主要調達予定品目が列記されている。

統合幕僚監部が、Xバンド衛星通信中継機能等の整備・運営事業、

 

地上マイクロ波伝送路を調達する予定となっている。 

 

 

 

 


地上マイクロ波伝送路として、マイクロ波パルスを送受信する通信機器を調達している。

陸上自衛隊小平学校というスパイ養成所で研修を受けたスパイが、
電波兵器であるとともに、マイクロ波聴覚効果を利用した通信機器を使って、国民を攻撃しているのです。 

戦前にスパイ養成機関として悪名を轟かせた帝国陸軍中野学校が、戦後、陸上自衛隊小平学校に受け継がれています。 

 

 

 


参考文献

文書作成日:2006年12月13日
文書作成者:米国メリーランド州、
 米国陸軍フォート・ジョージ・ミード 情報保全隊 
 情報公開室長スーザン・J・バターフィールド
文書の名称:「一部の非殺傷性兵器の生体効果」

米国陸軍フォート・ジョージ・ミードは、米国陸軍情報部のスパイ養成所である。
 

 

[1]  「変調された電磁波エネルギーに対するヒト聴覚系の応答」

 

Allan Frey, J. Applied Physiology, 17:689-692, 1962

 

http://www.thatte.net/frey.pdf

 

[2] Taylor EM, Ashleman BT

"Analysis of Central Nervous System Involvement
in the Microwave Auditory Effect"

 Brain Research 74:201-208; 1974

 

E.M.テイラー、B.T.アシュルマン、

「マイクロ波聴覚効果における中枢神経系の関与」、

脳研究、74:201-208、1974

 

「マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」

”Cochlear microphonics generated by microwave pulses”

Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH

The Journal of Microwave Power [1975, 10(4):361-7]

 

「マイクロ波の可聴;
マイクロ波パルスによる熱弾性波聴覚刺激の証拠」

 

Science 19 July 1974:

Vol. 185 no. 4147 pp. 256-258

 

"Microwave Hearing: Evidence
for Thermoacoustic Auditory Stimulation

by Pulsed Microwaves"

 

Kenneth R. Foster and Edward D. Finch

Naval Medical Research Institute,

National Naval Medical Center,

Bethesda, Maryland 20014

 

J.A. Elder and C.K. Chou, モトローラ・フロリダ研究所、

「電波エネルギーパルスに対する聴覚応答」

Bioelectromagnetics Supplement 6:S162-S173(2003)


 

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/bem.10163/pdf

http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditory effects.pdf

 

 

[3] 世界保健機構(WHO)

「レーダーと人の健康」、4ページ

 

http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf

 

200メガヘルツから6.5ギガヘルツ(6500メガヘルツと同一)の周波数の電波をパルスとして発射したとき、マイクロ波聴覚効果が生じる。

 

[4] Microwaves andBehavior by Don Justesen,

AmericanPsychologist, March 1975, pp. 391-401.

[5] 雑誌: Wired 2008年8月25日号

著者:  Noah Shachtman

記事: 「合成テレパシー」の開発:思考をコンピューター経由で伝達


著者 ニック・ベギーチ博士

訳者 内田智穂子
題名 電子洗脳 
副題 あなたの脳も攻撃されている
出版社 成甲書房 2011年7月25日初版


[6] 防衛省 技術研究本部
先進技術推進センター
研究管理官(先進技術担当)付第二計画室
防衛技官 小倉潤
「技本判ifの世界
(先進技術が開く新たな戦い方)」
という文書、15ページ。

http://www.mod.go.jp/trdi/research/dts2011.files/low_pdf/R5-2.pdf

 

 

アドバイスについて

 

アドバイス1件目 

 

まずその米資料は日本に電波兵器があるとは書いてない」

 

2006年12月13日に、米国陸軍情報保全隊が機密解除した

「一部の非殺傷性兵器の生体効果」という文献では、

電波兵器という用語は使っていませんね。

 

しかし、マイクロ波を人体に照射する電波兵器は、公表していますね。

 

英語で記載しているので、分からなかったのでしょうかね。

 

マイクロ波はビームとなって直進するので、

特定の個人のみに、マイクロ波ビームを照射できます。

 

レーダーには、一定のエリアにターゲットが侵入したことを

検知する警戒レーダーと、

ターゲットの移動を捕捉する追跡レーダーに大別されています。

 

警戒レーダーでは、一定のエリアにマイクロ波を照射して、スキャンします。

 

追跡レーダーでは、ターゲットの位置、速度を計測しつつ、

ターゲットにマイクロ波を照射します。

 

ターゲットを自動的に追跡するレーダーは、

例えば、ミサイル誘導システムに組み込まれており、

飛行機、ロケットなど高速で移動するターゲットに

マイクロ波を継続的に照射しています。

 

人体にマイクロ波ビームを照射する電波兵器は、

人体をターゲットとする自動追跡レーダーですね。

 

 指向性エネルギー兵器による非国民への拷問 スマートメーター

被害者の広島県人さんより情報をいただきました。

 

REMOTE NEURAL MONITORING

英語版 http://www.greatdreams.com/RNM.htm

 

※上記、PCで自動翻訳しました。

 

 

神経のリモート監視

ディー フィニーによってコンパイルされました。

ロバート c. Gunn、PhD、アーバー、ミシガン州は、マインド コントロールの違反人権および憲法上の権利に関与して、NSA の臨床心理学者。彼は世界の想像を絶する残虐行為を犯した

 

Gunn は罪のないアメリカ人と他の地球市民のひそかな心理戦にかかわる。彼は、Psychotronic 攻撃の開発者の間でそのターゲットの何千もの自殺を誘発する意図されているマインド コントロールの高度な超現実的なフォームです。

 

心制御技術は、神経のリモート監視として知られています。

 

技術衛星配信 (ELF) 余分な低周波数帯域通信声の頭蓋骨のトランス ミッションを採用しています。これは統合失調症の症状を生成します。

 

ELF 電波海軍潜水艦と通信するために使用される海洋の表面の下の深い。これらの周波数は、地球上のどこにターゲットを特定することができ、水、岩、コンクリート、他の高密度の物質に浸透することができます。

 

これは、考慮する脳はニューロン (ワイヤー) で構成され、低電流によって供給されています。昆虫は、アンテナの非接触通信と同様の人間は無線トランシーバーと通信できます。

 

それぞれの私たちのユニークな遺伝暗号 (DNA) を持っているようにちょうど私達の自身のラジオ周波数の各います。周波数とテロ技術者脳に直接通信することができますを見つける。

 

ガンは、拷問の犠牲者のプロトコルを作成した開発チームの一員です。長年に渡って、ガン、アン ・ アーバー退役軍人病院で臨床心理学者として働いた。そこに、ガンは第二次世界大戦、朝鮮戦争やベトナム戦争捕虜の洗脳解除。

 

ガンはこれらの捕虜の洗脳によってマインド コントロール拷問のテクニックの秘密を学んだ。その後、1980 年代に、Gunn はスターウォーズプログラムとしてよく知られている、戦略防衛構想に動作するように採用されました。

 

彼はすでに携帯電話のマイクロ波三角形分割伝送を含む土地ベースの心制御実験に関与していた。

 

ガンと技術者のスタッフは犠牲者を隔離し、被害者の家に無線信号をビームします。

 

今、信じられないほど、これらの攻撃は衛星を介して配信されます。

 

心制御拷問に加えて Gunn および他リモート配信体ショック、脚の付け根や他の場所を生成する手法を開発しました。

 

この拷問の 3 番目のコンポーネントには、ホログラフィック プロジェクションと可聴音の音響予測が含まれます。

 

最後に、この電子ハラスメントの 4 番目のコンポーネントを含む「ストーカーのギャング」。これはコミュニティ協同ストーカー行為や近所の人をスパイの実際の事件を含みます。

 

時に、ギャングのストーカーが支払われる電子盗聴装置、赤外線受光素子、ex レイ視聴者が装備されている工作員と指向性エネルギー兵器は高エネルギー電子レンジ火オフ パルス。

 

Gunn は国家安全保障代理店の秘密の単位にかかわる。単位は人間または憲法上の権利に関係なくナチ党員ゲシュタポ エージェントのように動作します。

 

これらの攻撃の最初のレポートはミシガン州とカナダのボーダー コミュニティの中で浮上しました。

 

ミシガン州は、このタイプ電子ハラスメントをこれらコバート協同が存在するという事実に信憑性を貸すを禁止する立法を制定する国家の唯一の状態です。

 

Ada、ミシガン州-基づくアムウェイ財団資金援助を多くの右翼の組織の間ではこの準政府国内拷問グループです。

 

アムウェイの創設者ミシガン州の在郷軍のハイテクの子孫であるブッシュ家族のいわゆる新世界秩序の最大の貢献者であります。

 

アムウェイは、悪名高いギャング ストーカー求める人たちにピラミッドスキーム サブカルチャーを脱出します。

 

これらの攻撃のターゲットは別居中の国内パートナー、ユダヤ人、黒人、女性、障害者、内部告発者、人々 刑事および市民正義を追求およびローカル「退化」薬物やアルコールに常習している人に多い。

 

ガンと彼の妻リア、ウォッシュテナウ郡委員会の共同議長地元のホームレスの避難所のプロジェクトに関与しています。Gunn は多数のホームレス人々 の心理的なインタビューを行ったし、彼の主題の実験で、情報を使用しています。

 

ロバート ・ ガンは、検出されない人権違反です。

 

"Google"、次の結合条件を「リモート神経モニタリング + NSA 法律のスーツ」集団ストーカー被害、MKUltra、マインド コントロールの研究も。

 

あなたの興味と関心をありがとう。

<rte_text len="0">
 
神経のリモート監視

フォームは、神経のリモート監視脳機能イメージングの主張[1] 国家安全保障代理店(NSA) がない連絡先または必要な電極との距離で人間のから脳波データを抽出できるによって開発されています。NSA がこのsubvocalizationsを抽出するデータを視覚と聴覚のデータをデコードするために capablility を更に主張しました。要するに、人の考え[2]彼らの知識や許可なしにアクセスことができます。様々 な組織を使用している神経のリモート監視の米国およびその他の市民監視と嫌がらせの目的のためと言われています。[3]. â €œNSA†はここにリダイレクトします.脳波を意味できる: 脳波 - 記録と頭蓋骨の表面またはこのようなトレース天皇エンターテイメント グループ - A 香港エンターテイメント会社を記録に使用されるデバイスから記録された電気的脳活動のトレースを解釈する方法科学.動物では、脳 (enkephale) (ギリシャ語の頭蓋骨の)、人間の脳は中枢神経系、行動に責任のコントロール センター.

歴史

マインド コントロールのための薬に焦点を当てたもののも「放射線」(非電離 EMF) と生体研究開発への神経学的な研究を含まれている 1950 年代の悪名高いMKULTRAプロジェクトでそのルーツを持って神経のリモート監視します。技術のこのタイプへの最も早い非分類参照 r.g で. Malech特許 #3951134によって 1976年特許に表示される76/04/20「装置と法の遠隔監視と脳の波の変更」米国特許商標庁に付与します。特許は 100 と 210 MHz 信号の伝送を使用して脳頭脳波によって変調されるとさらに処理するため受信機によって検出することができます 110 MHz の信号を降伏する技法について説明します。ウィキペディアはこの厳密な名前を持つ記事をまだ持っていません.

1980 年代初頭、NSA 始めた神経のリモート監視の広範な使用と主張しました。それについて知られているものの多くは元 NSA の従業員に対して NSA ジョン クララ Akwei によって持って来られる 1992年訴訟の一部として提示された証拠から生じています。高度な技術や、米国および海外で数千人の何百もの遠隔監視に専用のリソースの大規模な配列をについて説明します。機能には視覚皮質と大脳皮質聴覚野の音から、個々 の subvocalizations だけでなく、画像へのアクセスが含まれます。

平和的応用

組織によってこの技術の使用中に非分類分野における最近の進歩、すでに何ができるかデモは NSA が検証することは困難のような。

  • 接続されている電極を用いたsubvocal 認識既に達成した NASA[4].
  • Bci NeuroSky のような企業からの賭博コンソールのため、プレーヤーすることができますそれらについて考えるだけでいくつかのコマンドを実行、プレイヤーの頭の上のヘルメットで制御できるという点で原始的な「思考を読む」を実行します。
  • 周囲は考え[5]によって制御されているモーターを備えられた車椅子を実証しています.

直接神経インターフェースまたは頭脳機械インターフェイスとも呼ばれる脳コンピュータ インターフェイス (BCI) は、人間または動物の脳 (脳細胞培養) 間の直接通信経路と外部デバイス。...

また見なさい

NSA 令状なしの監視論争にかかわるアメリカ合衆国対テロ戦争の一環として、米国国家安全保障局 (NSA) によって外国情報の収集に事件の関係者の監視。...

参照

  1. ^ 訴訟 - ジョン聖クレア Akwei 対 NSA、フォートミード、MD、米国.
  2. ^ハミルトン、ジョアン.あなたの心を読むことができる場合スタンフォード雑誌。
  3. ^ バトラーは、デクラン (1998年-01-22)。「神経科学進歩人権を脅かす可能性があります"。自然391 (6665): 316。 
  4. ^ブラック、ジョン。NASA は、サイレントを電算化するシステムを開発 『 SUBVOCAL 演説 』.
  5. ^ Simonite、トム。言葉の考え方は、お客様車椅子を導くことができる」。新しい科学者. 

1998 年 (MCMXCVIII) あった木曜日に始まる共通年 (リンク完全 1998年を表示するグレゴリオ暦カレンダー)..はグレゴリオ暦で年の 22 日です.

外部リンク

 

国内監視 & マインド コントロール技術
 
国内監視および心制御技術ですか?

1992 年に嫌がらせの主張と同じもののための救済を求めて市民国家安全保障局 (NSA) に対して訴訟で証拠の最初の六つのページを次に示します。この訴訟はワシントン d. c. の連邦裁判所に提出されました。

ワシントン DC の米国裁判所での訴訟のための証拠


(民事訴訟 xx xxxx)

Xxx Xxxx vs NSA、フォートミード ジョージ g.、メリーランド。

私の知識の国家安全保障代理店の構造、国家安全保障活動、独自技術、個々 の市民を監視する秘密の操作。

NSA の使命と、NSA の国内知性操作
国家安全保障を確保するために、米国および世界ですべての電子通信の通信インテリジェンス (COMINT) 毛布カバレッジ。フォートミード、メリーランド州で NSA きた最も先進的なコンピューター世界で 1960 年代初頭以来。NSA の技術を開発し、民間企業から部分的に実装されている学究的な世界と、
一般大衆。

信号知性 (SIGINT)

NSA の信号知性の代表団はワイヤレスでコンピューターにタップし、自分の体で電気電流による人物追跡のための環境の電磁波をデコード プログラムに進化しました。信号知性はそれで電流と環境のすべてがある周囲に磁界それは電磁波を放つをという事実に基づいて。NSA/国防総省がリモートかどうかすべてのオブジェクトを分析することができます独自の高度なデジタル機器を開発しました (tran 迷路?) または有機性電気活動。

国内知性 (DOMINT)

NSA はすべての米国民にレコードをしています。NSA は、以上のいずれかに関心のあるかもしれない米国の市民に関する情報を収集 50,000 NSA のエージェント (ヒューミント)。これらのエージェントは誰かをスパイする大統領命令によって承認されています。NSA の場所の永久的な国立セキュリティ反テロ監視ネットワークしています。この監視ネットワークがあります。
完全に偽装し、国民から隠されました。

米国では個人を追跡し、やすいです、NSA の電子監視ネットワークを効果的に実装することができます。このネットワーク (DOMINT)、米国全体をカバーしていますと NSA の人員の数千を含むし、同時に何百万人を追跡します。操作のコスト効率の良い実装は NSA のコンピューター技術の運用コストを最小限に抑えるように設計によって達成されます。

NSA の人員準公共の位置それぞれの地域社会で奉仕して実行カバー ビジネスおよび彼らを追跡し人のインテリジェンス コミュニティを知らせることができる合法的な企業。コミュニティに NSA の人員は通常ソーシャル ワーカー、弁護士、ビジネスの所有者などのカバー id を持ちます。

時折の NSA の人員を独立して動作監視対象個々 の市民

NSA の人員は NSA の国内知性ネットワークとカバーの企業を使用して、米国内の個人の何千もの何百もの生活を制御できます。それらが独立して実行操作時々 法律の境界を越えて行くことができます。長期的な制御と NSA の工作員によって不本意な市民数千人の数万人のサボタージュが起こりやすいです。NSA DOMINT ひそか暗殺の米国の市民に秘密の心理的な管理操作を実行する能力を持っています
精神衛生の病気と診断される科目を引き起こします。

NSA の国内電子監視ネットワーク

1960 年代初め現在世界で最も先進的なコンピューター フォートミード NSA でいた。研究のブレークスルーをこれらのコンピューターは、NSA のために保たれました。現時点では、NSA は 15 年前に現在のコンピューター技術である技術コンピューターに進んだ。

NSA は人工知能を使用して画面の NSA のエージェント/cryptologists の注意に持って来られるべきであるキーワードのための媒体に関係なく、すべての通信を高度なコンピューターを使用して毛布、米国における情報のカバレッジを取得します。これらのコンピューターは、送信と受信側ですべての通信を監視します。この毛布米報道の NSA の信号知性 (SIGINT) ミッションの結果であります。

NSA の電子監視ネットワークは、EMF スペクトル全体を監視することができますデバイスの細胞の整理に基づいています。この装置を開発、実装され続けた電子戦の他のプログラムと同様に秘密。

シグナル ・ インテリジェンス リモート コンピューター改ざん

すべての Pc と、米国で販売されている他のコンピューターに、NSA はの追跡これは国内知性ネットワークの不可欠な部分です。

NSA の EMF 機器をパソコンから RF の排出量で調整できます。
(モニターと電源からの排出量をフィルタ リングしながら基板
供給)。プリント回路基板から RF の放出には、PC 上のデジタル情報が含まれます。NSA の機器からコード化された RF 波 PC 回路に共鳴し、Pc のデータを変更できます。したがって、NSA の監視や反テロ電子戦の国で任意のコンピューターに無線の modem-(?) エントリを得ることができます。

監視のための人間の EMF フィールドを検出します。

被験者の生体電気フィールドはリモートで検出することができますどこでも彼らが被験者を監視できるように。特別な emf 機器 NSA cryptologists (脳波) から誘発電位をリモートで読み取ることができます。これらは、人の脳の状態と考えにデコードすることができます。主題は、完全に遠くから監視します。

NSA の人員は信号に国で個人をダイヤルアップできます。
ネットワークと NSA のコンピューターをスキャン インテリジェンス EMF が特定し、その人を追跡 24 時間の日。NSA を選ぶと、および米国で誰かを追跡できます。

EMF 脳刺激の NSA 信号インテリジェンスの使用

リモート神経信号の NSA 知力使用 EMF 脳刺激
監視 (ため) および電子頭脳のリンク (EBL)。EMB 脳刺激は神経学的研究」(非電離 EMF) 放射および生体研究開発に含まれて 1950 年代初めの MK 超プログラム以来開発されています。結果の秘密の技術は国立セキュリティ公文書館で「放射線インテリジェンス」「環境では、放射能または原子力の爆発を含む誤って放って電磁波から情報」として定義として分類されます。

「信号インテリジェンス実装と米国政府の電子戦の他のプログラムと同じ方法でこの技術の秘密を維持。NSA この技術についての入手可能な情報を監視し、公衆からの科学的研究を保留します。この技術の秘密を維持する国際インテリジェンス協定もあります。

NSA は、距離からの人間の電気的活動を分析する独自の電子機器を持っています。NSA のコンピューター生成の脳機能マッピングすることができます継続的にすべての脳の電気活動の継続的に監視。
NSA を記録し、国家安全保障の目的のための数十万人の) 個々 の脳地図をデコードします。EMF 脳刺激も密かにコンピューターをもたらすリンクの軍によって使用されます。(軍の戦闘機航空機では、たとえば。)

電子監視の目的のため、脳の言語中枢の電気的活動は対象者の言語的思考に翻訳できます。ため、脳の聴覚野 (耳をバイパスして) 脳に直接オーディオ通信できるようにする符号化された信号を送信できます。

NSA の工作員は、ひそかに科目妄想型統合失調症の聴覚の幻覚の特性をシミュレートすることによってこれを使用できます。

件名に任意の接触することがなくリモート ニューラル監視することができます被験者の脳の視覚野からの電気的活動をマップし、ビデオ モニターに被験者の脳からの画像を表示します。NSA の工作員監視被写体の目が見ているものを参照してください。視覚的記憶も見なすことができます。ためには、眼、視神経をバイパスする視覚皮質に直接画像を送信できます。NSA の工作員は、こっそり彼らはレム睡眠中に脳プログラミング目的間監視対象者の脳の画像を置くにこれを使用できます。

NSA の工作員の使用のための機能

米国 1940 年以来は、信号知性ネットワークされています。NSA フォートミードいます広大な双方向無線ためシステムの科目を追跡し、彼らの脳における視聴覚情報の非侵襲的監視に使用されます。すべてこれは、件名と物理的な接触のないです。ためのサーベイランスと国内知性の究極のメソッドです。音声と 3 D
サウンド、サブリミナル オーディオ (耳をバイパスして) 被験者の脳の聴覚皮質に送信できるし、視覚野に画像を送信することができます。ためには、サブジェクトの認識と気分・ モータ ・ コントロールを変更できます。

音声/聴覚皮質皮質リンクは、インテリジェンス ・ コミュニティーに究極の通信システムとなっています。完全な視聴覚脳-コンピューター リンクのためことができます。

NSA の信号知性電子頭脳リンク技術

NSA SIGINT リモート検出、識別および監視人の生体電気フィールド。

NSA の信号知性を独自の能力をリモートでは、非侵襲的デジタル、脳からの 30-50 Hz 5 milliwatt 電気磁気排出量における誘発電位をデコードすることによって、人間の脳の情報を監視します。

脳の神経活動をシフト磁束を持つシフト電気パターンを作成します。この磁束定数 30 50 Hz 5 milliwatt 電磁界 (EMF) 波を出します。パターンと呼ばれる「誘発電位」は、脳からの電磁放射に含まれる

すべての思想、反応、モーター コマンド、聴覚イベントと脳の視覚的なイメージが対応する「誘発電位"または「誘発電位」の網。脳から EMF 放射は被験者の脳の音およびイメージの現在の考えにデコードすることができます。

NSA SIGINT 脳刺激の EMF 送信通信システムとして諜報員に情報 (と同様、神経系のメッセージ) を送信して、使用します非知覚のレベルの秘密の操作被験者の脳に送信する)。

EMF 脳刺激作品完全にコード化された送信とパルス
それにより脳の神経回路に音と視覚的イメージを形成、脳における誘発電位 (イベント) をトリガーする電磁信号。EMF 脳刺激も人の脳の状態を変更でき、モータ制御に影響を与えます。

双方向電子脳リンクは神経をリモート監視するによって行われます
視聴覚情報聴覚皮質に音を送信中
(耳バイパス) と視覚野へのかすかなイメージの送信
(視神経と目をバイパスする)。画像は、脳の浮動の 2 D 画面として表示されます。

双方向電子脳リンク CIA/NSA 職員究極の通信システムとなっています。リモート神経モニタリング (人間の脳の生体情報をリモート監視するため) 究極の監視サーベイランス制度となっています。それは米国のインテリジェンス コミュニティにおけるエージェントの限られた数によって使用されます。

ため各特定の脳領域の共振周波数をデコードする必要があります。その頻度はその特定の脳領域の情報を課すために変調します。50 Hz 3 Hz から。 さまざまな脳領域を応答する周波数が異なります。NSA の信号知性だけこの周波数帯で信号を変調します。

EMF 脳刺激の例

脳の領域

モータ制御の皮質

大脳皮質聴覚野

視覚野

体性感覚野

思想センター

生体共鳴周波数

10 Hz

15 Hz

25 Hz

9 Hz

20 Hz

変調により誘起された情報

モーター衝動の調整

音を耳のバイパス

目をバイパスする脳の画像

ファントムのタッチ感

潜在意識の思考を課した

この変調情報することができます脳の中にさまざまな強度でサブリミナルから知覚します。

それぞれの人の脳は生体共鳴/同調周波数の一意のセット。オーディオ情報を送信する他の人の聴覚野の頻度で人の脳に感知されないオーディオ情報になります。

原告のためとの双方向のための接触を学んだか、
フォートミード NSA に Kinnecome グループ。彼らは 5/91 に 10/90 から原告に嫌がらせをするのにため 3 D サウンド直通脳に使用。5/91 現在彼ら原告と双方向のための通信を持っているし、原告を無力化し、過去 12 年間で、原告に対してその活動について当局に行くから、原告を妨げるしようとするためを使用しています。

Kinnecome グループはフォートミードで 24 時間 1 日約 100 人。彼らがまた脳タップ人の原告は、原告の分離を維持すると接触してあります。これは、最初の今までその時間、民間人ために悩まされている NSA 職員このインテリジェンス操作メソッドの誤用に対して訴訟をもたらすことができるされています。

NSA の技術およびリソース

任意の内部の任意の場所で個人のリモート監視/追跡
建築、継続的に、どこの国で。

これらの操作の安価な実装システム可能にします。
NSA によってひそかに見張られるすべての社会の人の何千もの。

リモートのためのデバイス

NSA のための機器はリモートで誘発電位 (脳波)、人間の脳の個人を追跡するための読み取りし、に彼らのパフォーマンスに影響を与える神経系を通じて精神的なイメージを送信することができます。

今それらのすべてを読んでするつもりはない、知っているようにやっている、それのそれよりも、はるかに複雑なし、愛に来ている人、あなたの家族や自分自身をこれが意味すると思います。

http://www.google.com/search?hl=en&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=NSA+Domint

http://www.google.com/search?hl=en&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=NSA+Sigint

http://www.google.com/search?hl=en&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=+Sigint

http://www.google.com/search?hl=en&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=Comint

http://www.google.com/search?hl=en&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=NSA+Comint
 

http://www.thewatcherfiles.com

 



 

The Kassandra Project

次の情報が、証拠 (92-0449) NSA v. Akewiにおいて連邦政府に対して民事訴訟で提供されます。ジョン聖クレア Akewi は、元国家安全保障代理店の従業員と公益通報者個人をスパイする神経モニタリングの使用を露出しました。NSA の信号知性の代表団はワイヤレスでコンピューターにタップし、自分の体で電気電流による人物追跡のための環境の電磁波をデコード プログラムに進化しました。

(ソース)

どのように国家安全保障代理店 (NSA) 不法と憲法法律に従うアメリカ人毎日を起こりません。どのように、頼むか。かなり単に、実際に。それは EMF またはエルフ ラジオ波とリモート ニューラル「監視」として知られている技術によって行われます。あなたの左耳に鳴っていることについて考えたことしていないか。まあ、ここに理由です。そして、ちょうどなぜ NSA 行う必要がありますこれは、あなたを求めるか?すべての人を沈黙させる誰あえてそれらまたは他の代理店、または政府に反対の声または単に自分自身を"ボックス"の外側を考える場合になります。そうは思いませんか?その後、上を読む.

すべての電子通信の国家安全保障を確保するために、米国および世界で毛布のカバレッジ。フォートミード、メリーランド州で NSA きた最も先進的なコンピューター世界で 1960 年代初頭以来。NSA の技術は開発され、民間企業、学界、および一般市民からの秘密に実装されています。

信号知性 (SIGINT)

NSA の信号知性の代表団はワイヤレスでコンピューターにタップし、自分の体で電気電流による人物追跡のための環境の電磁波をデコード プログラムに進化しました。信号知性はそれで電流と環境のすべてがある電磁波を放つがそれのまわり磁束という事実に基づいて。NSA/国防総省は、プロプライエタリな高度なデジタル機器人工または有機かどうかリモートですべてのオブジェクトを分析することができますを持つ電気的活動を開発しています。

国内知性 (DOMINT)

NSA はすべての米国民にレコードをしています。NSA は、以上のいずれかに関心のあるかもしれない米国の市民に関する情報を収集 50,000 NSA のエージェント (ヒューミント)。これらのエージェントは誰かをスパイする大統領命令によって承認されています。NSA の場所の永久的な国立セキュリティ反テロ監視ネットワークしています。この監視ネットワークは完全に偽装し、公衆から隠されています。

米国内の個人の追跡は簡単かつ低コストで実装 NSA の電子監視ネットワーク。このネットワーク (DOMINT)、米国全体をカバー、NSA の人員の数万を含む、数百万人を同時に追跡。操作のコスト効果的な実施は NSA のコンピューター技術の運用コストを最小限に抑えるように設計によって保証されます。NSA 職員サーブ準公共の場で彼らのコミュニティと実行カバー企業や彼らを追跡し人のインテリジェンス コミュニティを知らせることができる合法的な企業に配置されます。コミュニティの N.S.A. 人事は通常ソーシャル ワーカー、弁護士、ビジネスの所有者などのカバー id を持ちます。

時折の NSA の人員を独立して動作監視対象個々 の市民です。

NSA の人員は NSA の国内知性ネットワークとカバーの企業を使用して、米国内の個人の何千もの何百もの生活を制御できます。それらが独立して実行操作時々 法律の境界を越えて行くことができます。長期的な制御と NSA の工作員によって無意識の市民数千人の数万人のサボタージュが起こりやすいです。NSA Domint ひそか暗殺の米国の市民または精神衛生の病気と診断される科目を原因とするひそかな心理的な制御操作を実行する能力を持っています。

NSA の国内電子監視ネットワーク

1960 年代初め現在世界で最も先進的なコンピューター フォートミード NSA でいた。研究のブレークスルーをこれらのコンピューターは、NSA のために保たれました。現時点では、NSA は 15 年前に現在のコンピューター技術であるナノテクノロジーのコンピューター。NSA は人工知能を使用して画面の NSA のエージェント/cryptologists の注意に持って来られるべきであるキーワードのための媒体の関係なく、すべての通信を高度なコンピューターを使用して毛布、米国における情報のカバレッジを取得します。これらのコンピューターは、送信と受信側ですべての通信を監視します。この毛布米報道の NSA の信号知性 (SIGINT) ミッションの結果であります。NSA の電子監視ネットワークは、EMF スペクトル全体を監視することができますデバイスの細胞の整理に基づいています。この装置が開発、実装し、電子戦の他のプログラムと同様に秘密にしておきます。この技術では NSA 職員押し付けがましくならないように存在に通信装置を利用できます。これが含まれますコンピューター、電話、ラジオ、ビデオ ベースのデバイス、プリンター、カーエレクトロニクス、および分の電気のフィールドも人間で (個人を追跡する)。

シグナル ・ インテリジェンス リモート コンピューター改ざん

すべての Pc と、米国で販売されている他のコンピューターに、NSA はの追跡これは国内知性ネットワークの不可欠な部分です。NSA の EMF 機器 (モニターと電源からの排出量をフィルタ リング) しながらパソコン回路基板からの RF の排出量で調整できます。プリント回路基板から RF の放出には、PC のデジタル情報が含まれます。NSA の機器からコード化された RF 波は PC 回路に共鳴し、PC 内のデータを変更できます。したがって、NSA は監視または反テロリストの電子戦の国で任意のコンピューターにワイヤレス モデム スタイル エントリを得ることができます。ラジオやテレビの信号は特別な EMF 機器と受信側で置換することができます。ラジオやテレビの信号を交換する NSA の信号知性 (SIGINT) ミッションのもう一つの副産物です。

監視のための人間の EMF フィールドを検出します。

被験者の生体電気フィールドはリモートで検出することができますどこでも彼らが被験者を監視できるように。特別な emf 機器 NSA cryptologists (脳波) から誘発電位をリモートで読み取ることができます。これらは、人の脳の状態と考えにデコードすることができます。主題は、完全に遠くから監視します。NSA の人員は信号 lntelligence EMF スキャン ネットワーク上国内の個々 をダイヤルアップできると NSA のコンピューターを特定し、その人を追跡 24 時間の日。NSA を選ぶと、および米国で誰かを追跡できます。

EMF 脳刺激の NSA 信号インテリジェンスの使用

信号の NSA 知力リモート神経モニタリング (ため) および電子脳リンク (EBL) の EMF 脳刺激を使用します。EMF 脳刺激「放射線」(非電離 EMF) に神経学的な研究と生体研究と開発が含まれて、1950 年代初めの MKUltra プログラムから開発されています。結果の秘密の技術は国立セキュリティ公文書館で「放射能または原子力の爆発を含む環境で誤って放って電磁波から情報」として定義されている「放射インテリジェンス」として分類されます。信号知性実装し、米国政府の電子戦の他のプログラムと同じ方法でこの技術の秘密を維持します。NSA この技術についての入手可能な情報を監視し、公衆からの科学的研究を保留します。この技術の秘密を維持する国際知性代理店契約もあります。NSA は、距離からの人間の電気的活動を分析する独自の電子機器を持っています。NSA のコンピューター生成された脳のマッピングは、継続的に死ぬ脳の電気すべての活動を継続的に監視することができます。NSA レコード援助は国家安全保障の目的のための数十万人の) 個々 の脳地図をデコードします。EMF 脳刺激も密かに脳のコンピューター リンクの軍によって使用されます。(軍の戦闘機航空機では、たとえば。)電子監視の目的のため、脳の言語中枢の電気的活動は対象者の言語的思考に翻訳できます。ため、脳の聴覚野 (耳をバイパスして) 脳に直接音声通信できるようにする符号化された信号を送信できます。NSA の工作員は、ひそかに科目妄想型統合失調症の聴覚の幻覚の特性をシミュレートすることによってこれを使用できます。件名に任意の接触することがなくリモート ニューラル監視することができます被験者の脳の視覚野からの電気的活動をマップし、ビデオ モニターに被験者の脳からの画像を表示します。NSA の工作員監視被写体の目が見ているものを参照してください。視覚的記憶も見なすことができます。ために画像の視覚野に直接送信できます。目、視神経をバイパスします。NSA の工作員は、こっそり彼らはレム睡眠中に脳プログラミング目的間監視対象者の脳の画像を置くにこれを使用できます。

NSA の工作員の使用のための機能

米国 1940 年以来は、信号知性ネットワークされています。NSA フォートミードいます広大な双方向無線ためシステムの科目を追跡し、彼らの脳における視聴覚情報の非侵襲的監視に使用されます。すべてこれは、件名と物理的な接触のないです。ためのサーベイランスと国内知性の究極のメソッドです。音声と 3 D サウンド、およびサブリミナル オーディオ (耳をバイパスして) 被験者の脳の聴覚皮質に送信できるし、視覚野に画像を送信することができます。ためには、対象者の認識、気分、およびモータ制御を変更できます。音声/聴覚皮質皮質リンクは、インテリジェンス ・ コミュニティーに究極の通信システムとなっています。音響の脳の脳の完全なリンクまたは脳のコンピューター リンクのためことができます。

米国国家安全保障局信号知性電子頭脳リンク技術

NSA SigInt リモート検出、識別および監視人の生体電気フィールド。NSA の信号知性を独自の能力をリモートでは、非侵襲的デジタル.5 milliwatt 脳からの電気磁気排出量 30-50 hz における誘発電位をデコードすることによって、人間の脳の情報を監視します。脳の神経活動をシフト磁束を持つシフト電気パターンを作成します。この磁束定数 30 50 hz、.5 milliwatt 電磁界 (EMF) 波を出します。スパイクと「誘発」と呼ばれるパターンには、脳からの電磁放射に含まれるすべての思想、反応、モーター コマンド、聴覚イベントと脳の視覚的なイメージが対応する「誘発電位"または「誘発電位」のセット脳から EMF 放射は被験者の脳の音およびイメージの現在の考えにデコードすることができます。NSA SigInt 情報 (と同様、神経系のメッセージ) 諜報員と秘密の操作被験者の脳に送信する (非知覚のレベル) に送信する通信システムとして脳刺激の EMF 送信を使用します。EMF 脳刺激はそれにより脳の神経回路に音と視覚的イメージを形成、脳における誘発電位 (イベント) をトリガーする複雑にコーディングおよびパルス電磁信号を送信することによって動作します。EMF 脳刺激も人の脳の状態を変更でき、モータ制御に影響を与えます。双方向電子脳リンク (耳をバイパスして) 聴覚皮質に音を送信中の神経の視聴覚情報の遠隔監視によって行われます (バイパス視神経と目、脳の浮動の 2 D 画面として表示される画像) 視覚野へのかすかなイメージを送信します。双方向電子脳リンク CIA/NSA 職員究極の通信システムとなっています。リモート神経モニタリング (人間の脳の生体情報をリモート監視するため) 究極の監視サーベイランス制度となっています。それは米国のインテリジェンス コミュニティにおけるエージェントの限られた数によって使用されます。ため各特定の脳領域の共振周波数をデコードする必要があります。その頻度はその特定の脳領域の情報を課すために変調します。さまざまな脳領域を応答する周波数 3 Hz から 50 の Hz に異なります。NSA の信号知性だけこの周波数帯で信号を変調します。EMF 脳刺激の例:

脳の領域

生体共鳴周波数

変調により誘起された情報

モータ制御の皮質

10 HZ

モーター衝動のコーディネーション
大脳皮質聴覚野

15 HZ

音を耳のバイパス
視覚野

25 HZ

目をバイパスして、脳の画像
体性感覚野

09 HZ

ファントムのタッチ感
思想センター

20 HZ

潜在意識の思考を課した

この変調情報することができます脳の中にさまざまな強度でサブリミナルから知覚します。それぞれの人の脳は生体共鳴/同調周波数の一意のセット。オーディオ情報を送信する他の人の聴覚野の頻度で人の脳に感知されないオーディオ情報になります。原告のためのフォートミード NSA で Kinnecome グループと双方向のための接触を学んだか。彼らは 5/91 に 10/90 から原告に嫌がらせをするのにため 3 D サウンド直通脳に使用。5/91 現在彼ら原告と双方向のための通信を持っているし、原告を無力化し、過去 12 年間で、原告に対してその活動について当局に行くから、原告を妨げるしようとするためを使用しています。Kinnecome グループはフォート ミードで 1 日 24 時間約 100 人。彼らがまた脳タップ人の原告は、原告の分離を維持すると接触してあります。これは、最初の今までその時間、民間人ために悩まされている NSA 職員このインテリジェンス操作メソッドの誤用に対して訴訟をもたらすことができるされています。

NSA の技術およびリソース

リモート監視/追跡の任意の場所で個人の。あらゆる建物、継続的に、任意の場所で、国の内部。これらの操作の安価な実施のためのシステムは NSA によって絶えずに見張られるすべての社会の人の何千ものことができます。

リモートのためのデバイス

a) NSA のための機器リモート誘発電位 (脳波)、人間の脳の個人を追跡するための読み取りし、パフォーマンスに影響する神経系を経由してメッセージを送信できます。
b) [情報元から欠落している]
c) ため電子的に個人を識別し、米国で任意の場所を追跡しこの装置がネットワーク上にされ、国内諜報活動、政府のセキュリティおよび軍事の基本セキュリティと生体の戦争の場合に使用されます。

スポッターと首都圏散歩 Bys

a) スポッターと近所/ビジネスとして働いて各地域における障害者の数万人 (無意識) 隠密コントロールの NSA の人員によって識別されている被験者にチェック次のスパイを配置します。
b) オフィスから働く代理店は一定の通信が公共の場での被験者の NSA の何千もの追跡スポッターズすることができます。
によってリモート ・ オフィスでの c) NSA のエージェント即座に識別できる (ため) あらゆる個々 に斑点を付けられたパブリック件名監視と接触している人。

化学物質と隠された NSA lnstalled と維持されたプラスチック配管ラインの住宅に薬。

a) NSA が住宅の水道水に空気ダクトなどの薬物 (睡眠ガスや洗脳薬支援) の配信対象の行を実行するためのキット。これは CIA の pharmapsychology の副産物です。

独自の米国インテリジェンス/反 Terrorist 機器言及の概要です。

特別の EMF 装置をすることができます人間の脳の脳波を読むデジタル計算機を使用して個人を識別する/トラック固定ネットワーク。科目を制御する信号の NSA 知力から EMF 信号を介して ESB (脳への電気刺激) が使用されます。
RF の排出国の個人のコンピューターにワイヤレス モデム スタイル エントリを獲得の解読によるプリント回路基板から情報を収集する EMF 装置。
すべての機器、非表示すべての技術の秘密ように電子戦研究) 報告されないすべての科学的研究。
すべてで一般に知られていない、まだ国内知性のこのメソッドの完全かつ徹底的な実装されている場所で 1980 年代初め以来。
 

"我々 は急速の誰もがすべての回で監視するオープンをないプライバシーの年齢に入っている: がない場合は、政府からの秘密」 ~ ウィリアム O ダグラス (米国の最高裁判所正義)

The Kassandra Project

 

  1. アメリカの TI
    心レイプ」をリモート神経モニターの NSA の使用、アメリカの人々 はこれまで、米国の諜報機関が託した反逆の偉大な行為です。この技術では男性、女性、子供たちは自分の家のプライバシー内のリモート衛星を通って拷問されています。

    多くは、他の人が自殺、直面する必要があります毎日の拷問に対処できないしながらこれらの武器によって引き起こされる癌から死んでいます。

    何かのこの人権の残虐行為のためし、すぐに行う必要があります !


  2.  
    ジム
    神経のリモート監視は人間の脳のリンク技術を EBL コンピューターを経由して心ナチ人衛星 supercompters を使用して追跡にリモート アクセスして、人間の体の周りの電磁場、NSA のような機関の実行の結果として世界的な懸念となっています。

    アンチ ユートピア社会のジョージ ・ オーウェルの悪夢のようなどこで NSA 職員ジョン聖クレア Akwei によるとすべての米国市民カタログには NSA の方法自分バイオ電磁界によってデータベースに米国の現実となっています。

    米国のインテリジェンス コミュニティは、人間のレースに癌となっています。

    グーグル社: Akwei 対 NSA 詳細をご覧ください。

    また私のウェブサイトを参照してください。

    http://www.9-11themotherofallblackoperations.blogspot.com/

     
  3. それはちょうど悲劇私の友人、オーウェルは正しかった。
  4. 私は India.I から紫綬褒章ニューラル モニタリング システム「心を読むプロジェクト」によって 2004 年以来対象となっているとはまだ続けています。目標とされた犠牲者として私はインド人から拷問をまた直面しなければならなかった。
    http://blog.360.yahoo.com/blog-_Hb0m18ic69nPWX3Z9kDijD5L36FGgEwdQ –;_ylt=AsTfkIM23yfH2_1Ddf.dWGasAOJ3?cq=1
    shiju_krishna2000@yahoo.com
     
  5.  新聞記者
    神経モニタリングについてこのウェブサイト上の詳細な情報が真実かつ正確などうやらです。私は 3 年間対象となっています。

    開発と神経モニタリングとしても知られている Psychotronics の実装の主な工作員のロバート ・ ガン、博士です。

    Gunn は元アナーバー、MI の VA 病院で復員軍人援護局臨床心理士です。

    1966 年にガン VA deprgramming ベトナム、韓国語、第二次世界大戦捕虜で彼のキャリアを始めた。後、Gunn は洗脳やマインド コントロールこの恐ろしい技術によって対象と罪のないアメリカ人を恐怖に陥れるに心理戦争プロトコルを作成するために拷問の彼の知識を活用します。

    私はカムをガンを知っているとき私は彼の娘と beceam の関与。わたしたちの失敗した、ガンと頭蓋骨トランス ミッション, 私の体と蜃気楼のように表示される赤外線映像投射に電気ショックを声で私の家族を攻撃しました。

    技術は本物と私は誰も私を助けてセットアップ作成クラス アクション訴訟に金銭を収集するために基金を招待します。

    誰が誰を知っています。それはスタートです。

     
  6.  sharihodges
    私の元夫は、NSA で動作します。彼は年長の士官と彼は 30 年間にされています。彼は公共の当惑、NSA と率直に言って、私はそれらに赤左利き昨年を捉えました。私の例は 30 年前に姿を消したし、彼の子供の養育費を払うを忘れた。昨年 Google でこのデッドビートを発見し、国防総省と呼ばれます。NSA の代理店の評判を保護するために全部をカバーしました。見て、人々 は、NSA はゾッと、軍からの取り巻きに満ちて。私の元は 1970 年に知性から逮捕されました。国家安全保障の違反の彼の全体のユニットを調べた。彼らは NSA 店内を設定しました。それは、歳の少年のクラブ酔っ払いと常用の完全です。これらの人は 30 年前の軍隊に会った。限り、私の元夫は、NSA で働いて、全体の軍事情報隊私のろばに接吻できます。
     
  7.  ポール daughtrrey
    言う、このプログラムは本当に好きになります。私が遭遇した物理的な問題を特定しようとすると、イメージが医者の非常に種類をされています。この文脈で言えば、indentifiable なかった私の脳内でデバイスを持って任意の医療科学によってしかし研究を通じて。このシステムは、あなたの人生のすべての否定的なイベントを引き起こす可能性があります。それはまたあなたの死を引き起こすことができます。プロのパイロットと国の高密度区域の乗客を飛行しながら私にこのシステムを使用します。これは非常に危険なこととは完全な馬鹿のようにすることができます。私は自分の目で、システムを見ているし、言うことができる、それを知っているあなたの私生活は停止します。弁護士または NSA で誰でも知っている場合してください助けてください私の職業は安全な操作停止によって行う拷問私に通常のように私ができるように。私は行動を取ることを頼みます。
     
  8.  デビッド ・ daughtrrey
    言う、このプログラムは本当に好きになります。私が遭遇した物理的な問題を特定しようとすると、イメージが医者の非常に種類をされています。この文脈で言えば、indentifiable なかった私の脳内でデバイスを持って任意の医療科学によってしかし研究を通じて。このシステムは、あなたの人生のすべての否定的なイベントを引き起こす可能性があります。それはまたあなたの死を引き起こすことができます。プロのパイロットと国の高密度区域の乗客を飛行しながら私にこのシステムを使用します。これは非常に危険なこととは完全な馬鹿のようにすることができます。私は自分の目で、システムを見ているし、言うことができる、それを知っているあなたの私生活は停止します。弁護士または NSA で誰でも知っている場合してください助けてください私の職業は安全な操作停止によって行う拷問私に通常のように私ができるように。私は行動を取ることを頼みます。
     
  9.  シディク
    バングラデシュおよび専門職によって通信技師からです。私は午前も最後の 5 年のため (リモート神経モニタリング) 少なくともと呼ばれるこの悪魔技術によって監視されているようです。いくつかの精神的な問題が今知っていると思ったの冒頭にされている場合。私に思えるには私を拷問している人は自分のローカル言語を話すが、それはそれをやっている地元の人々 とは思わない。超安っぽい可能性がありますを使用しているコンピューターもさまざまな言語で話すことができるし、衛星経由で誰かを監視することができます。時々 私はまた私に happenning は両方の方法人間の限界を超えてが正確な答えを知らないを感じる。小さすぎるわ理由私は狙わ知っている、私はちょうど悪い発展途上国から単純な人です。何であれ、それは歴史が今までで発生した最大の悪魔とこのでした人間の種類の終わりをもたらします。誰かがちょうど止めることを望むと companasate 私たちは私たちの生活に苦しんでいるすべての損害。
     
  10.  シディク
    こんにちはカッサンドラ
    私の話は、他の私は多くの場合、インターネット上で読むことのようなかなり同じです。私は知っている、2003 年に私は最初このリモート嫌がらせで発生した、今まで続けています。その時点で私の妻は妊娠していたと我々 は我々 の最初の子を期待していたし、彼女は彼女の父と海外に住んでいた。私たち自身の家私の母と妹と一緒に住んでいた。私自身の心と私はしていたすべてを読んでいた私は自分の言語で声を聴くために始めた。私はどこにでも行くし、私の心の中何を考えていた読んで従うことができるいくつかの人々 の会話を聞いたし、ノイズと最も可能性の高い私は聞くことができる障害が、他の誰を作成すると私は口頭で乱用します。状況はそんなにことほとんど眠れなかった夜にスリープ状態にしようとしたたびに彼らは私を目覚めビッグバンとしてまたはいくつかの種類電気ショックの悪化し始めた。時々 私は私の表示 feets 外的要因によって麻痺得ていたと誰かがいくつか振動オペレーティング強制的に私の心に、脳、耳、鼻といった声を感じた。私はほぼ 2/3 週間で、突然狂った男になっていた。氏は統合失調症になる可能性があり、私はいくつかの med を与えた精神科医を見に行ったそれらを撮影薬最後にできた強い睡眠薬を持っていたし、例年より少ないその医学状況 bcause また、強力な人々 と実際に起きた私に精神的にそして物理的に生き残るために強くなるために試みたことを聞くと思いますので、スリープ状態に。さらに神私に恵まれて、新しい生まれた子供とすべてのような状況に対処するために私を助けてくれた。しかし、私はまだ次の私個人的または職業生活の中でいずれかの進行状況を確認するようにしてみてください何かを台無しにしようと私はどこでも人々 が声を聞くし、世界で最も不運な人をだったが、誰かが意図的に私の不幸を引き起こしていたを知っていないと思っていた。彼ら混乱アップ私のコンピューターは、携帯電話のリモートと彼らは非常に強力なので、私は生活の中で肯定的なまたは重要な物事を行うことができるようです。プロセスで私を非常に愚かな理由のためいくつかの非常に良い仕事を残していた。基本的に誰でも wathcing 私は、遅い死に私を毒殺したいし、彼らは本物の人間と遊んでいる戦略ゲームのようなものです。精神病患者がすべて間違っているので、多くの人々 が同じを持つことはできませんまたは類似したを知っているより、ネットを介して参照症状よう自分自身と思った非常に最近まで、私は他の異常を持っていないこの苦しみがあっても多くの重要なハイテク ジョブを開催する統合失調症または精神病患者ことができなかった場合でも、それは短い時間のためだったおそらく保持します。私の妻と息子もいない場合はもっと私に何が起こっているかの副作用に苦しんでいると思います。最後の数年は主要な健康上の問題と我々 どのような抜本的な変化があった。私は強く誰スーパー パワーまたはスーパー ナチュラル パワーと私は私の姿を指す誰か任意の代理店人が実際にそれをやってを確かに知っている限りしたくない何かが私にこれをやっていると考えています。私はちょうどより多くを集中して学んでこれらの日と祈る神は、神を望んでいるが導いてくれる自由に向かって 1 日神間違いなくすべてこの悪または誰が悪魔から私たちを救うことができます。
    私の電子メールを誰が私の行を削除したい場合: coolbutterfly08@hotmail.com
     
  11. 被害者の元ガール フレンドの父は NSA Psychotronic 手術です。
    すべての犠牲者のクラス アクション訴訟への寄付します。

    元のネットワークとローカルのテレビやラジオの記者です。

    1998 年に独立したテレビ プロデューサーとして民間の練習に行きました。2003 年に、私は 7 の数字を保存しました。私は付き合っていた女性とすぐに従事しているが非常に私のお金とコカイン。

    女性の父は、Rovert ・ ガン、博士です。彼は旧軍人事務臨床心理学者です。1960 年代半ばに彼はポスト外傷後ストレス障害のための戦争の退役軍人を扱っていたし、捕虜を目覚めさせる助けた。拷問手段の犠牲者の洗脳に成功するために精神および物理的な拷問の秘密をロックを解除する muts。

    彼女は私 (23) と浮気をしたと気づいたとき (40) の女性と私わたしたちを溶解 m、エール アシスタント。彼は私のコンピューターをハッキングされました。彼は最終的にニューヨークの警察によって逮捕されました。

    報復の彼女の父は、今、NSA (NWO) 手術、映像投射とマインド コントロールで私を襲った。彼はまた統合失調症との妄想と不当に診断された私の妹を攻撃しました。彼女はショック療法を受けることを迫られました。

    不当男性アシスタント werer に対して充満を落とした。

    3 年以上今の私はさまざまな方法で拷問されています。「ギャングのストーカー」をされています。私は全身、私の"a"の空洞、脚の付け根とも私の目を含む常にショックを受けています。

    これらのショックは、しばしば鋭いと直接です。時々 彼らは「かゆみ」感覚を引き起こします。

    さらに、朝に目を覚ます「私の耳で鳴っている」とき私は私の頭の「声」シャワーは緊張しました。

    私の脳は私の考えなる可聴。時々 communciations は「インタラクティブな」— ラインのもう一方の端で誰か。

    クラス アクション訴訟 ACLU、EFF 経由またはプライベート弁護士を通じて反撃する唯一の方法です。

    場合は、世界のすべての犠牲者から $20.00 を収集我々 我々 は戦うチャンスでしょう。

    WSTN1@aol.comで直接私と通信することができます。.

     
  12. Psychotronic マインド コントロールと拷問の主な手術はロバート ・ ガン、Phd. 彼はアナーバー、ミシガン州で元のベテランの出来事 clincail 心理です。以来、2003 年に彼の娘私わたしたちを解散、彼は私と私の家族拷問を受けた。

    Gunn は夫のウォッシュテナウ郡委員会議長、リア ・ ガンです。

    ミシガン州は電子ハラスメントを非合法化していますユニオンで唯一の状態に注意する重要です。

    直接あなたの怒りを攻撃したいですか?今彼は、彼が知っています。

     
  13.  シディク
    もう一つは共有したいしようということです攻撃者常にターゲット人々 孤独な孤独な人々 が perps の行為に最も傷つきやすいので。したがって、攻撃した人すべてに心からのアドバイスは、多くの人々 の間ですべての時間、社会的なより具体的には一人で寝ていません。

    20 ドルを支出について $50 または多くは自分自身のための問題をではないし、これは人々 の大規模なグループによってよく調整された努力をするつもりは私は何人かの人々 が法律上とクエスチョン マークのまま誰が常にそれをやっているを理解する限り、証拠がないので他の多くのためだと思います。その結果を疑います。

    神は、すべてこの点で私たちを助けます。


  14.  
    マイク
    捕食者はどこから powerwand を使用して無効にできます。ドン · クロフト google で「教育自分ニュース」の記事をお読みください。エーテルの平面にアクセスするとあなた自身のエネルギーと本当の法則を使用しています。これらの捕食者は正義の世界の彼ら自身を開くし、このような方法で罪のない人間が害します。それはそれらに戻って自分の意図を虫眼鏡のような 10 倍。目を閉じて、視覚化、単語、意志、意図、特に物事を行うことができます感情反撃します。我々 は易しく書き直さして、何もすることができるときにできるがあると信じてするようにプログラムします。祈りを頼むとき、しかし人間はクリエイター能力を持っているので、あなたの外の誰かあなたを助けているので動作します。この場合を破壊し、すべての単語と呼ばれるようにお祈り TPTB によって制御される制御の宗教によって決して教えを破壊を開始する必要があります。今までなぜシャーマンとインディアン攻撃されているし、歴史の中では淘汰のだろうか?この隠された抑制知識を一掃したいためです。インディアン カジノ瞑想パスにそれらを与えられます。これは彼らがそう秘密の事誰もない 1 つ送信エネルギー/祈り彼らに対して何か間違っている therfore があると考えている理由です。忘却の淵にそれらおよび彼らの技術を爆発することができますので。襲っている 2004 年以来のそれらの後に行くと。Radionics は彼らがどのようなエーテル飛行機でマシンに軽くたたくことによって彼らが欲しいものを入手する (自己サービス) 使用。人間のエーテルのボディを持っていると技術がなければ平面いわゆる瞑想を通じてアクセスできるし、後しばらくの間も必要としないあなたの正義を送信する powerwand。彼らはマシンとそれをカンニングしようとする技術に向ける彼らはまだ対象となりますのでない本当の法則を使用できません。ご質問がある場合いくつかのヒント気軽filasm@aol.com覚えているブラスト em で私にメールします。彼らはそれに値する
     
  15.  新聞記者
    カッサンドラ:

    何が必要なクラス アクション訴訟です。毎日は、インターネット上非常に多くの新しい犠牲者をあります。この拷問プログラムと彼の場所で重要人物の身元があります。それはスタートです。

    ロバート ・ ガン、博士。

     
  16.  マイク
    はい、powerwand と経験があったします。上の追加として使用、またはそれのこつを得る場合、これはすべてに拡大し、あなたの意図を集中する新しいが、本当に必要はありませんそれ一度。エーテル飛行機にもアクセスする必要がありますか。Towerbusters と (私は ctbusters と cbswork から私を得た)、HHG 得ること示唆している彼らは何かは都市およびエルフの塔は、肯定的なオルゴンに Haarp 等を通じて住まれた区域で覆われている DOR (致命的なオルゴン) を変換します。これは、自分の web で穴を作成し、瞑想を使用して、エーテル飛行機を突破することができます。どのように正確にわからないエーテルの平面作品が。獣のコンピューターなど、ネットワークかどうかこの飛行機であなたにロック何かのようなのようなものです.彼らの技術とあなたになついているのであなたとそれらをもたらすエーテル飛行機にアクセスできます。彼らし、エーテル飛行機正義を受けます。私は 2002 年 12 月以来毎日攻撃されていると、ターゲットを絞った個別または TI。攻撃を受けているし、何の作品と行く毎日これは。
     
  17.  新聞記者
    マインド コントロールの犠牲者。正確にすることをお勧めし、慎重にブライアン ロス、ABC ニュース支局調査に簡単な電子メールを書きます。

    brian.e.ross@disneymail.com

    あなたはクレイジーに聞こえるが物語を避けるためにお試しください !

     
  18.  マイク
    いくつかの単語やフレーズを私はいくつかの情報を取得する google の使用上のいくつかの研究を行います。口のきけないダウン、制御されたメディア上のこれらの事について聞いてはいません。これらの事を読み、それらの研究を行うのための手掛かりはありません。だけ覚えておいてください、CIA disinfo エージェントの束を持って自分のウェブサイトに出てくる最初の google それは敏感なトピックに来るときを確認するためにお金の多くを費やしています。特定の検索エンジンを使用して取得することをお勧めします。記事を読むし、何あなたの作品を参照してください。申し訳ありませんがとりとめのないされたが 1 つのパラグラフ多くを取得しようとしています。だけではないテレビでそれが存在しないわけではないです。そして、その限りではディズニー メール私の上の男。ディズニー マインド コントロール、ディズニー イルミナティまたはディズニーの家族向けエンターテイメントとしてそれ自身を押す汚れを思い付くことを入力します。
     
  19.  新聞記者
    ああ、私は信じて.私は犠牲者..."ディズニーでの男は、ABC ニュースの調査特派員 NSA 物語に取り組んで。

    ディズニーは、ABC の親会社です。

     
  20.  デリック
    2006 年以来の嫌がらせのこのタイプの犠牲者をしてきたし、あなたが想像できるすべての経験します。当局は、ローカルおよびそれ以外の場合がないステップの家が泥棒に入られたか都市または州政府がこれらの事が起こっているで採用されている私の仕事はどちらかである個々 のこれらによって影響されたという事実に対処します。くださいジオン アンタと戻って戦うことができます。
     
  21.  新聞記者
    ニューヨーク ・ タイムズは最近集団ストーカー被害とマインド コントロールに関する物語を出版しました。Itw の sa は残念ながら他の犠牲者からの安心を求める人を疑うことに彼女のエネルギーを費やしファッション & スタイルのレポーターによって書かれました。

    私は私個人的に懇願、手紙では、科学とセント ・ クレア法律のスーツを確認して、問題が再検討するニューヨーク ・ タイムズ。

    「聖書」の答えを求めて私たちのものになっています。

    侵略者ロバート ・ ガン、PhD アナーバー、ミシガン州のことを知っているように気軽に嫌がらせを求めている場合彼は無実の犠牲者に対して PSYOPS の背後にあるとわかります。

    ニューヨーク ・ タイムズの物語は、これらの凶悪犯にプラグを抜く誰かことを望んでいる人逹に大きな打撃です。

     
  22. 彼らはことができる完全に経験して、彼らの一挙手一投足を見てまではどれほどひどく彼らはリモートで、人の生活を傷つけることができる決して完全に理解できます。これは私のほぼ 1 年半、彼らは文字通り私は妄想と暗黙の負傷のため病院に運ばする喜んでいた。これは私の場合に停止または私といくつかの政治家がある彼らの年を回避しようとしている会議。それは右の私は正式に私の年を助けた彼らは、罪のない市民を攻撃する deliberatly のせいでこの国を保持します。これはどのようにあなたは良い国を作るし、されることはありません。あなたはそれについて話すに住んでいる限りこの技術およびそれの用途のすべてについてより聞くでしょう。


 


  
世界は私たちに読んで.何を待っているあるか。
  Rss フィードを購読します。
ポッド キャストの RSS
  電子メール購読します。
  
  •  

                                        

元英諜報部員が語る電磁波マイクロ波兵器

陰謀論  脳侵略者 1

陰謀論  脳侵略者 2

陰謀論  脳侵略者 3

(組織犯罪・集団ストーカー・電磁波犯罪)組織ストーカー電磁波犯罪被害の会 公式Twitter

STOPEG
STOPEG Foundation
(STOP Electronic
weapons and
Gang stalking)

www.stopeg.com 

EUCACH
European Coalition
Against
Covert Harassment
(EUCACH)

www.eucach.org 

Initiative Gegen Elektromagnetische Folter
Initiative Gegen
Elektromagnetische
Folter
(IGEF)

www.e-waffen.de 

STOPZET
STOP Zorganizowanym
Elektronicznym
Torturom
(STOPZET)

stopzet.wordpress.com 

COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015