NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク 確認被害者

 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークは、人的嫌がらせ、電磁波、超音波などを悪用した、組織犯罪を訴えるための会です。被害者の会は、宗教団体・政治団体とは一切関係ありません。当会の確認被害者が1,642名を超えました。
   -2016年1月16日-    確認被害者居住県別集計表 1642名(1/16 pdf)

 

 

 

科学技術で頭の中に声を聞かせること(テレパシー)は可能です。

 

科学技術の進歩でテレパシー通信は可能になっています。
 
心で念じても想いは通じないので、通信機を使うのです。
 
テレパシー通信は、無線通信技術の一種です。
 
テレパシー通信はマイクロ波を利用しており、
マイクロ波がパルス波形のとき、音として聴こえる現象
マイクロ波聴覚効果という)を応用しています。
 
そこで、まずはマイクロ波の説明から。
 
第1章 イントロダクション
 
マイクロ波については、「マイクロ波とパルス」という記事を参照ください。
 
第2章 無線通信
 
テレパシー通信は基本的には無線通信技術です。
 
そこで、無線通信の基本について、
などの記事があります。
 
第3章 レーダー
 
テレパシー通信では、通信技術がレーダー技術と融合しています。
そこで、レーダーについて。
 
「レーダーのしくみ part 1」がレーダーの基本について説明しています。
 
レーダーは「監視レーダー;追跡レーダー」に大別できます。
 
「壁透過レーダー」は建物のなかにいる人の移動も探知できます。
 
指向性マイクロ波を照射します。
 
第4章 マイクロ波が聴こえる(マイクロ波聴覚効果)
 
マイクロ波が聴こえる現象があり、
マイクロ波が聴こえるしくみ(生理機構)が解明されています。
 
例えば、「医者の不思議」という記事に、
マイクロ波が聴こえるしくみを解明した実験が紹介されています。
 
このブログでは、「マイクロ波の可聴」というフォルダーに、
多数のマイクロ波聴覚効果の記事がアップされています。
 
あるいは「目次:テレパシー記事」に移動して、
「1 マイクロ波の可聴」を参照ください。
 
第二次世界大戦中、レーダーでマイクロ波が聴こえる現象が観察されました。
 
ちなみに、マイクロ波が、聴覚に限られず、視覚、嗅覚などの五感を
刺激することは、「マイクロ波による感覚刺激」に記載されています。
 
第5章 マイクロ波に音声信号を乗せる技術
 
この技術については米軍が機密を解除しています。
 
テレパシー通信では、マイクロ波を搬送波として、
音声信号でパルス変調しています。
 
音声信号でパルス変調する方式は複数あります。
 
米国カンザス大学医学部精神科ドン・ジャステセン教授は、
「マイクロ波と行動」という1975年の論文で、
米国陸軍ウォルター・リード研究所のジョセフ・シャープ博士が、
人間の頭部にマイクロ波を照射して、音声を伝達する通信機の開発に
成功したことを述べています。
 
Don Justesen
Microwaves and Behavior
American Psychologist, 
March 1975, pp.391-401
 

この方式は、まず音声信号を15000ヘルツの音源で周波数変調して、
次にパルス変調します。
 
 
別個の方式は、「ブランカン米国特許」に記載されています。
 
米国空軍の別個の方式では、短波放送と同様なしくみで変調して、
次にパルス変調しています。
 
に記載されています。
 
このブログでは、「MEDUSA」というフォルダーに記事がまとめられています。
 
あるいは、「目次:テレパシー記事」に移動して、
「3 テレパシー装置のしくみ」を参照ください。
 
特許文献に基づいて、音声信号をマイクロ波に乗せるしくみを
解説しているので、特許文献の信憑性について、
「特許と技術の完成度」という記事があります。
 
第6章 マイクロ波が人を狙い撃ち!レーダーによる追跡
 
マイクロ波を特定の個人のみに照射して、
特定の個人のみに音声を送信できます。
 
追跡レーダー、射撃コントロール・レーダーのターゲットが人となっているのです。
 
で説明されています。
 
「超高帯域レーダー」は壁を透過して人を追尾できます。
 
 
第7章 反射波による通信と脳波計測
 
1948年という遠い昔に米国空軍の研究所が、
レーダー、ソナーなどの反射波を利用する通信について、
報告しており、この報告は下記サイトに記載されています。
 
 
レーダーの反射波を利用する通信を更に発展させると、
頭部の反射波を利用して、脳波の計測ができます。
 
米国特許3951134号の装置は脳波を計測するだけでなく、
更に脳波を改変することができます。
 
東芝は米国特許3951134号を改良して、
脳波を計測する装置について特許を申請しています。
 
 
この状況は、脳波が計測される人から見ると、下記のようになります。
 
 
第8章 脳波の解読
 
ニューラル・ネットワーク・コンピュータを使って、
脳波から思考を解読したり、感情を解読します。
 
1997年にスタンフォード大学と南カリフォルニア大学の
共同研究グループが、脳波を計測することにより、
耳から聞いた英単語を解読することに成功しています。
 
脳波から思考を解読するコンピュータについては、
NTTが、特許2515875号(特開平2-232783号)を取得しています。
 
ブログでは、「思考解読」というフォルダーに記事があります。
 
最近、この技術が民生利用され、
ブレイン・マシン・インターフェースとして応用されています。
 
第9章 テレパシー通信
 
マイクロ波で脳波を計測したり、脳波を解読したり、
マイクロ波で音声を送信するしくみを全て組み込んだ装置については、
という記事にあります。
 
米国特許3951134号が基本特許になります。
 
第10章 会話するコンピュータ
 
人間と「対話するコンピュータ」となったり、
人間の脳波から思考、感情を解読するコンピュータでもある。
 
人工知能のプログラミングなどが記載されている。
 
人工知能にはブレイン・コンピュータ・インターフェースという用途もある。
 
統合失調症の幻聴では人間の声が聴こえるのだが、
この声の正体が人工知能である。
 
ニューラル・ネットワーク・コンピュータに、音声入力して、音声出力する。
エフェクターを使って、出力する声に感情を反映させられる。
 
「チューリング・テスト」も関連する概念である。
 
第11章 マインド・コントロール
 
脳波を改変することにより、マインド・コントロールができる。
 
脳波信号を乗せたマイクロ波を頭部に照射して、
脳波を変えた実例は、「脳波を変えて、マインド・コントロール」であり、
 
ニューロンがカルシウムイオンを放出して、
シナプスで神経伝達物質が放出される。
 
第12章 軍隊内の警察部門
 
戦前の憲兵は、戦後、情報本部に変わっています。
軍情報部が秘密工作に従事することは
「インテリジェンス」という記事にあります。
 
自衛隊の通信所でシグナル・インテリジェンスを担当しているのですが、
に詳細に記載しています。
 
 
「ホロコースト」は国家機関がスケール大きく悪事を
実行することを記載しています。
 
関連記事
 
 
『自衛隊の犯罪を斬る』より引用させていただきました。転載希望

はじめに、テクノロジー犯罪・集団ストーカー犯罪とは

現代では考えられないテクノロジー技術で遠隔から電磁波を使い、テレパシーのように耳を塞いでも声が聞こえてくる。頭の中で会話が出来てしまう。被害者は365日24時間と声を無理やり聞かされ自分の考えまでもが読み取られてしまう恐怖と対面している。この苦痛に耐えられずに過去の被害者の方々は自殺・精神病院に強制的に追い込まれている。防御が一切できない、声の送信の本当の恐ろしさを考えて欲しい。声により、『死ね、殺してやる、お前など生きていてもしょうがない』などの誹謗中傷、『あいつがお前の悪口を言っている』などの錯乱的作用。同じ内容の言葉を神経が壊れるまで永遠と言い続けられる。この恐ろしさは戦争時の精神破壊拷問でこの拷問の恐怖は尋常ではない。テクノロジー技術を使い、遠隔から声を頭の中に直接送り続け、人間が人間を拷問している。社会的に立場のある人間には助言をいい、その人間は苦痛でないので社会に訴えでずに暮らしている。本当の怖さを理解できていない、その方の人生、家族すべてが脳の中を聞かれている。恥ずかしいところを見られている。自分は精神がおかしくならない程度の音声送信だからといい、軽く考えてしまう。しかし、自分が亡くなったあとの悲劇を考えない。被害者には大きな会社の社長であろうと、社会的に立場のある人間であろうと、その、ご子息は私達同様の精神破壊拷問を受けている。声が聞こえる程度で苦痛がないからガマンしている方が多々いる。声が聞こえるのに社会に訴えでない。テクノロジー犯罪は私達の生活する世界に絶対、必要がない。私のHPは、たとえ、頭のおかしい人間と思われても事実を告発していく。

 

 

私の場合は、

父親も含めれば40年以上前から被害を受けている、私は、この犯罪をリアルにドキュメンタリーで告発していく。戦争時の精神破壊拷問をうけ人間がどの様に精神が壊れ廃人になっていくかを、理性がなくなる前に記録していきます。

耳を塞いでも、聞こえる声、テレパシー送信、テレパシーとは頭で考えていること『思考』『心』が聞き取られてしまう。本当の恐怖だ! 私はおかしいと思われるだろう。しかし、子供の頃、憧れたテレパシー(超能力)とはヒーロー物の漫画を見て、カッコイイと思い込んでしまっているに過ぎない。 良く考えて見れば、頭で考える事が相手に伝わるテレパシーとは、頭の中が聞こえてしまうということだ。

プライバシーなど人にはない。

 

※音声送信・思考盗聴が代表的な被害だが。声が聞こえるというのは統合失調症とされている。アメリカでは精神科医、科学技術者、政治家、など多くに人がこの犯罪を訴えている。 科学技術を使い遠隔から電磁波で頭の中に声を強制的に送りつけ。被害の酷い方は四六時中その声と無理やりに話をさせられ、身体を遠隔から目に見えないレーザービームのような電磁波で痙攣・やけど・切り傷などを与えられる、科学技術があり日本国内でも数千人に及ぶ被害者が確認されている。 被害者でない方々にこの話をすると精神異常があると思われるが、興味のある方は私達被害者の体験を最後まで見て欲しい。また、被害にあわれていない方でも原因がわからない、身体の痛み、かゆみ、虫歯がないのに歯痛、おかしな夢を見る、何度も同じ夢を見る、映画の様な夢を見る。家の中がパンパン音がなる。金縛りにあう。幻覚を見る。霊的体験、など身体に起きるおかしな現象、霊的現象はテクノロジー犯罪が関与されている可能性が高い。実際に幻覚、難聴、その他、は科学技術で、できる。テクノロジー・集団ストーカー犯罪でおこる症状を具体的に記載するので参考にして欲しい。また、被害者の会に参加されたい方などサポートしていますのでご相談ください。また、私達被害者とは違い、たまにしか声が聞こえてこない方もいます。しかし、1度、声をかけられた方は四六時中電磁波にてロックオンされ生活を監視されています。私のHPは被害のない方には理解されることはない。しかし、声が少しでも聞こえる人にはわかるはずです。この犯罪はテクノロジーを屈指し人間が人間を監視しているのです。私は25年以上にも及ぶ被害経験の中から理性を失わずこの犯罪を経験、科学的根拠から推測し綴っています。1度でもテレパシーで話をされた方、今1度、考えてください。家に1人でも被害がいる家庭は家族全員が監視されています。

自分のかけがいもない1度きりの人生をすべて監視し権力を好きなように使い、ある人には優しく、ある人には電磁波で人間を拷問しているのです。科学技術を使い電磁波でどのような拷問が出来るかは科学者の方ならわかるはずです。この権力者達に洗脳されてはいけません。自分の精神が、この犯罪を考えれば考えるほどおかしくなっていき、自分の頭の考え『思考』『心』が覗かれているのは紛れもない事実です。この現代社会にプライバシーはありません。この犯罪の解明には科学者及び技術者の告発が必要で、この技術の危険性を訴え法をつくっていただきたい。また、一人でも多くの頭の中に声が聞こえる人の協力が必要となり、皆で訴えなければいけない。頭の中に声が聞こえる方は人生すべてを監視されている。この問題を真剣に考えなければならない。

 

 

被害内容・症状 

 

以下の症状はすべて、科学技術で出来ます。それも遠隔から出来る技術なのです。

一般の方のご理解は難しいと思いますがご参考ください。

実際には、被害を受けているのに気がつかない人が多いのです。

また、以下の症状は誰にでも当てはまるものもありますが、この中のいずれかの症状がおき、まるで精神に話しかけるように、継続して起こるのが被害です。

以下を、私達は【テクノロジー犯罪】と呼んでいます。

 

 

 

 

 

テクノロジー被害『電磁波』を受けると以下の症状がでる

 

・ 声が聞こえる (耳を塞いでもきこえる)『音声送信』 『テレパシー送信』

 

・ 声による    誹謗・中傷   『音声送信』

 

・ 考えが読まれる(心の解読)   『思考盗聴』

 

・ 24時間365日、遠隔から監視されている。

 

・ 家の中が遠隔透視技術により見られている。  

 

・ 盗聴・盗撮を遠隔技術により行われる。

 

・ 身体の痛み      『身体攻撃』

 

・ 身体のかゆみ     『身体攻撃』

 

・ 身体の痙攣      『身体攻撃』

 

・ 内臓が押される    『身体攻撃』

 

・ 内臓がきりきりする  『身体攻撃』

 

・ 頭部の圧迫(頭に膜くが張る感じ)『身体攻撃』

 

・ 頭部に腫瘍があるような感じで神経を圧迫される   『身体攻撃』

 

・ まぶたの痙攣

 

・ 歯の痛み

 

・ 肩甲骨の奥に痛み・激痛

 

・ 息が苦しくなる

 

・ 鼓動がはやくなる

 

・ 痰がつっかえる              『高周波を浴びすぎる』

 

・ 目を閉じて瞼を押すと青い光が無数に見える 『高周波を浴びすぎる』

 

・ 性器の痛み・チクチク感・性的興奮  『身体攻撃』

 

・ 手指の痙攣・全身の痙攣      『パルス波のピンポイント攻撃』

 

・ 体が以上に重い          『電磁波を全身に浴びるため』

 

・ 記憶を忘れる  忘れやすい     『電磁波にて頭部圧迫のため』 

 

・ 電化製品の誤作動、勝手に動き出す、または壊れやすい 

 

・ 家電製品から異常な音がする     『電圧を上げられている』

 

・ 家の天井、電化製品など色々なものがパンパンなる『ラップ現象は嘘、電磁波』

 

・ 自分の考えにあわせてパンパン音がする 

 

・ 金縛りにあう (電磁波照射で動かなくされると同時に脳だけ動かされる)

 

 ・ 冷蔵庫・クーラー室外機など自分が通るときだけ音が大きくなる

 

・ 蛍光灯が光過ぎる    『電圧を上げられている』
 
・ 金縛りになると必ず幻覚をみる人の影など色々『家の中に電磁界を張られてる』
 
・ へんな夢を見る
 
・ 以上に感動的な夢を見る
 
・ 何度も同じ夢をみる
 
・ 目を閉じると映像が見える。  『映像送信』
 
・ 心霊写真が写っている。『特にPCに保存していると心霊写真をつけられる』
 
・ 意識を失わされる。
 
・ 過去の自分の羞恥心をあおられる。 音声送信
 
・ 脳の中の恥ずかしい考えを人に言うぞと脅される。
 
・ 強制的に射精させられる。夢精をさせられる。
 
・ 射精時に性器に激痛を与えられる。
 
・ 決まった時間に繰り返しおこされる。
 
・ 決まった時間に家の中の物がパンパン音がなる。
 
・ 血圧を上げられる。鼓動を早くされる。
 
・ 階段を降りるときに足の同じ場所に痛みをあたえる。
 
・ 体が脳がゆらされ地震と勘違いする。
 
・ 自分の考えに反応するように家の中がパチパチなったり身体がチクチクする。
 
・ 強制的に電磁波で腹痛を伴い排泄させられる。
 
・ 小便時に性器に激痛をあたえる。
 
 

 

 

 

 

元英諜報部員が語る電磁波マイクロ波兵器

陰謀論  脳侵略者 1

陰謀論  脳侵略者 2

陰謀論  脳侵略者 3

(組織犯罪・集団ストーカー・電磁波犯罪)組織ストーカー電磁波犯罪被害の会 公式Twitter

STOPEG
STOPEG Foundation
(STOP Electronic
weapons and
Gang stalking)

www.stopeg.com 

EUCACH
European Coalition
Against
Covert Harassment
(EUCACH)

www.eucach.org 

Initiative Gegen Elektromagnetische Folter
Initiative Gegen
Elektromagnetische
Folter
(IGEF)

www.e-waffen.de 

STOPZET
STOP Zorganizowanym
Elektronicznym
Torturom
(STOPZET)

stopzet.wordpress.com 

COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2015